『大綱引の恋』

 三浦貴大が主演する映画『大綱引の恋』が5月7日に全国公開されることが決まった。昨年10月31日に鹿児島で先行公開されていた。今回の決定に伴い、場面写真と予告映像が解禁された。

 【動画】解禁された予告映像

 本作は、『陽はまた昇る』(02)『半落ち』(04)『ツレがうつになりまして。』(11)『八重子のハミング』(16)など数多くのヒット作を産み出し、今年3月31日に62歳で急逝した名匠・佐々部清監督のラストストーリーで、家族を軸にした物語の中で男女の愛を描く。

 主人公・有馬武志(演・三浦貴大)を通し、愛を守りたいと願う男気を爽快にドラマチックに描き切ってている。鹿児島で400年以上にもおよぶ歴史と伝統を守り続けている川内大綱引のシーンには、実際の祭りのシーンが起用され、迫力ある名シーンとなって物語を盛り上げている。

 このほど解禁となった場面写真には、有馬武志が心を通わせる、韓国人女性研修医ジヒョン(演・知英)と熱く抱き合うシーンも含まれている。佐々部監督が遺した、愛おしい人、大切な人への愛の物語を象徴するカットとも言えそうだ。

物語

有馬武志(三浦貴大)は35歳にして奥手の独身。鳶の親方であり“大綱引”の師匠でもある父・寛志(西田聖志郎)から常々「早う嫁を貰うて、しっかりとした跡継ぎになれ」とうるさく言われている。とある日、ふとした事件から韓国人女性研修医ジヒョン(知英)と出会い、次第に心を通わせるようになる。その頃有馬家では、母・文子(石野真子)が定年退職を宣言し女将も家事も放棄したため、妹・敦子(比嘉愛未)はじめ家族の皆が四苦八苦する。一方、年に一度の一大行事“大綱引”が迫るなか、武志はジヒョンから「あと2週間で帰国するの」と告げられる。「出会いとは?」「結婚とは?」「家族とは?」「覚悟とは?」―二人の恋を通して描かれる様々な愛の物語。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)