相談役「A」をバックに撮影に応じた若林拓也、臼田あさ美、橋本愛、のん、林遣都、片桐はいり、大九明子監督

 のん、林遣都、臼田あさ美、若林拓也、片桐はいり、橋本愛、大九明子監督が19日、都内で、映画『私をくいとめて』公開記念舞台挨拶に臨んだ。この日は、みつ子の脳内にいる相談役「A」の声を中村倫也が担当したことが解禁され、中村は声で観客に挨拶した。

 綿矢りさ氏原作の作品を大九明子氏が監督・脚本で映画化。脳内に、相談役「A」を持つ、31歳おひとりさま・みつ子が、年下営業マン・多田くんと出会い、久しぶりに訪れた恋に戸惑いながらも一歩踏み出していくさまを描く。

 のんは、脳内相談役「A」とのシーンを振り返り「事前に収録してあったAの声を流して掛け合いの演技をしました」とし、「待ち時間に、悩んだり、話していることに対して、Aの声を出して答えてくれて、楽しく撮影が進みました」と明かした。

 そのAの声。この日、正体が判明した。のんが「しゃべるのが苦手で、初対面の方とも一瞬で仲良くなるためにはどうすればいいか」と悩みを明かすと、「A」が声で「あなたの悩みにすっきり答えます」とアドバイスを送った。

 その後、中村倫也自身が声を担当したと明かし、「口止めされていましたが、こうやって解禁できて嬉しいです」。

 この日、中村は声だけの舞台挨拶となったが、作品について「とても楽しく拝見させて頂きました。男である僕もこういうことあるなと。僕自身にも脳内相談役はいるなと思いながら寄り添う気持ちで見させて頂きました」と語った。

 中村は、舞台挨拶が終えたあとも「外は寒いので気を付けて」と言葉をかけ、観客を気遣っていた。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)