三浦春馬さんのスペースを空けて撮影に臨んだ三浦翔平、森永悠希、森川葵、蓮佛美沙子、筒井真理子、田中光敏監督

 三浦翔平、森永悠希、森川葵、蓮佛美沙子、筒井真理子、田中光敏監督が12日、都内で、三浦春馬さん主演映画『天外者』の公開記念舞台挨拶に臨んだ。翔平は「春馬と共にきょうここにいる」とし、公開を「喜んでいると思います」と語った。

 五代友厚の人生を壮大な青春群像劇として描く。五代友厚は、今年7月に亡くなった三浦春馬さん演じ、五代を取り巻く盟友・坂本龍馬を三浦翔平が演じた。

 また、龍馬と共に現れ、後に三菱財閥を築く岩崎弥太郎を西川貴教、初代内閣総理大臣となる伊藤博文の若かりし頃を森永悠希、五代の繊細さや優しさを引き出した遊女・はるを森川葵、五代の志のよき理解者の妻・豊子を蓮佛美沙子、五代の母・やすを筒井真理子が務めた。

 三浦翔平は冒頭で「やっと幕を開けることが出来ました。皆様のお陰で、幕を開けることができて本当に感謝しています。春馬と共にきょうここにいるので宜しくお願い致します」と挨拶した。

 正式なオファーを受ける前に、三浦春馬さんから「龍馬をやってほしい」と言われたという三浦翔平。スケジュールの都合で台本の読み合わせに参加できない時は、春馬さんが、サーフィンに行った先や車の中で読み合わせに付き合ってくれたといい、「僕の龍馬は春馬がいたからこそ出来た龍馬なので感謝しています」。

三浦春馬さんと親交のあった三浦翔平さんと蓮佛美沙子

 「全てに力強い」という春馬さん演じる五代友厚のようなに人物にもなりたいと語った翔平。完成した作品を観る事無く他界した春馬さんがもしこの作品を観たらどう思うかと問われ、ステージから2メートル先に手を向けて「たぶん春馬はそこにいると思いますが、幕が明けて皆さんにお届け出来ていることを誰よりも感謝いているかもしれないし、誰よりも悔やんでいるかもしれない。でも爽やかな笑顔でありがとうと言っていると思います」。

 最後に「映画を見終わった後に悲しい気持ちや寂しい気持ちになってしまうと思います。泣いて良いと思います。でもその気持ちをネガティブな方に引っ張らないでください。この映画のなかで三浦春馬はものすごい熱量で演じてしっかりと生きています。五代友厚の生き様を春馬の熱量とともに目に焼き付けて、2人の想いをしっかり受け取って、また今日という日を、明日を一生懸命に生きて下さい。きっと春馬もすごく喜んでいると思います」

 その後のマスコミ向けのフォトセッションでは、登壇者の想いから、三浦春馬さんのスペースを空けて撮影に臨んだ。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)