城桧吏

 浜辺美波、城桧吏、板垣李光人、諸星すみれ、伊瀬茉莉也、内田真礼が5日、映画『約束のネバーランド』(12月18日公開)オンライン祭りイベントに参加。レイ役を演じた城桧吏は、共演の北川景子に緊張しながらも「ママ」のように接してくれたと振り返った。

 脱獄ファンタジー作品『約束のネバーランド』(原作・白井カイウ、作画・出水ぽすか)の実写映画化。「グレイス=フィールドハウス」という孤児院を舞台に、鬼の食料として飼育された子供たちが過酷な運命にあらがう姿を描く。

 現実主義者でクールな少年・レイを演じた城。アニメ版のレイの声を演じた伊瀬は、城の印象を「ポスタービジュアルを見たときに城さんが可愛くて、レイはクールで内に秘めている。それをキラキラした目でどう演じるのかと思って拝見したら本当にレイだった。嬉しかった」と称えた。

 「子供たちよりも大人っぽさがある」というレイを城は「どう大人に表現するのか」という点に意識して役作り。ただ、「普段の僕は現場の小さい子とキャッキャ遊んでいる感じだたので、監督から『レイは大人だから一人でいろ』と1回だけ言われました」とはにかんだ。

 「おすすめのキャラクター」にも自身が演じたレイを挙げた。「漫画を見ていて、レイはクールで大人っぽいリーダー。かっこ良くて憧れでした。アニメを見て伊瀬さんの声と顔の表情がマッチしてて好きだった」とし、声のトーンなど役作りで伊瀬の声を参考にした点もあったと明かした。

板垣李光人、浜辺美波、城桧吏

 話題は、共演者の北川景子と渡辺直美について。慈愛の微笑みを持ちながら冷徹な表情を垣間見せる孤児院の“ママ”イザベラを演じた北川については「現場に入った時に雰囲気が変わって緊張したけど、北川さんが僕の背中をさすって『緊張しなくていいよ』と声をかけて下さって。イザベラのママのように接してくれました」。

 一方のオーバーアクションと様変わりする表情を持つクローネを演じた渡辺直美については「現場のスタッフから監督までみんなが笑顔でした。緊張よりもやりやすかった」と振り返った。

 また、「だから私はこの作品が好き」というお題で「個性的なキャラクターたち」を挙げた。「沢山の子供たちがいて、いろんな個性と性格があって、誰でも推しキャラが見つかるから魅力的」と明かした。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)