ダレノガレ明美とゆきぽよ

 ダレノガレ明美とゆきぽよが3日、都内で、アン・ハサウェイ主演最新作『魔女がいっぱい』(4日公開、ロバート・ゼメキスが監督)公開直前イベントに臨んだ。

 同作では、アン・ハサウェイが、60年代ファッションに身を包んだ大魔女を演じている。この日登壇したダレノガレ明美とゆきぽよも“魔女ファッション”で登場した。

 ゆきぽよは「ロングは珍しい。レトロで嬉しい」、ダレノガレは「60年代のファッション。昔のものがいま流行っているので、肩の入ったファッションも。やっと着られた感じ」と喜んだ。

 本作は「20代、30代の女性にささる」と薦めるゆきぽよは「初デートにも行って欲しい」。ダレノガレも「男性って怖い時に頼られるの好きじゃないですか。最近は強い女性も強いと思うけど、ああってなったら」と具体的なプランを明かした。

 クリスマスに近いこともあり、2人は“魔女風のクリスマスケーキ”に“魔法の液体”を流し、仕上げた。

 今年のクリスマスは、ゆきぽよは「実家に帰って愛犬にサンタのコスチュームつけて家族でクリスマスディナーを」、一方のダレノガレは視力を回復する「ICL」手術を受けるといい「クリスマスにやるの寂しくない。でも3年分のクリスマスです。その後は友達を呼んで焼肉パーティをしたい」と語った。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)