中村倫也

 中村倫也が2日、東京・渋谷で、映画『サイレント・トーキョー』(12月4日公開)イベントに臨んだ。

 この日登壇した、佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊、広瀬アリス、井之脇海、勝地涼、波多野貴文監督とともに、映画の重要な舞台となった渋谷を周遊した中村。「宮益坂を見て懐かしいなと思いました」と振り返った。

 渋谷で起きた爆破テロをリアルに描くため、足利に巨大オープンセットを作り、渋谷を再現した。エキストラが1000人以上参加する大規模な撮影。

 中村は「出来上がりを見て、足利であることを忘れていました。1000人の人たちが寒い中で集中して下さって、裏の主役が頑張った」と称えた。

 改めて「渋谷でクリスマスでテロが起こる設定を聞くとアクションやフィクションを想像されると思いますが、凄くリアリティがある。自分の隣の席で起こっているぐらいの距離感。作品には記憶に残ったり、考えるきっかけ、そういう意義があると思うけど、間違いなくそういう作品です」と語った。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)