涙をこらえる蓮佛美沙子

 三浦翔平、西川貴教、森永悠希、森川葵、蓮佛美沙子、筒井真理子、田中光敏監督が30日、都内で、映画『天外者』(田中光敏監督、12月11日公開)の完成披露試写会に臨んだ。三浦春馬さんとは高校の同級生だった蓮佛美沙子は春馬さんとの思い出を明かした。

 【写真】笑顔に努める蓮佛美沙子

 五代友厚の人生を壮大な青春群像劇として描く。五代友厚は、今年7月に亡くなった三浦春馬さん演じ、五代を取り巻く盟友・坂本龍馬を三浦翔平、龍馬と共に現れ、後に三菱財閥を築く岩崎弥太郎を西川貴教、初代内閣総理大臣となる伊藤博文の若かりし頃を森永悠希、五代の繊細さや優しさを引き出した、遊女はる役に森川葵、五代の志のよき理解者=妻・豊子を蓮佛美沙子、五代の母・やすを筒井真理子が演じる。

 春馬さんとは高校の同級生で「10年前にも学園もので一緒にお仕事をさせて頂いて」と語り、本作では事務所を通して正式なオファーを受けるまえに「春馬君から『蓮ちゃんこの役やってくれない?』と言ってくれて。そういう経験がなくて、同級生の友達から『また一緒に仕事しない?』って。結果、夫婦役でまた一緒にやれたのは嬉しかった。現場でも教室にいるような感じでしゃべっていました。嬉しかったです」と振り返った。

 蓮佛はこの日、笑顔に努めていたが、春馬さんとは何度も母役で共演した筒井真理子や、公私ともに仲が良かった三浦翔平が声を震わせて春馬さんへの想いを明かすなかで目には涙。流れるのを堪えていた。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)