夫婦役を演じた水川あさみと濱田岳

 多摩市民などからなる実行員会が表彰する『第12回TAMA映画賞』の授賞式が29日、東京都府中市の森芸術劇場どりーむホールで行われ、最優秀男優賞を受賞した濱田岳は「夢のような時間で幸せです」と喜んだ。

 本年度最も心に残った男優を表彰する最優秀男優賞。福山雅治と共に受賞した濱田は『喜劇 愛妻物語』『グッドバイ嘘からはじまる人生喜劇』『コンフィデンスマンJPプリンセス編』などで評価された。

 『喜劇 愛妻物語』は足立紳監督の自伝的小説を映画化。売れない脚本家・豪太が冷め切った妻・チカとの仲を改善しようと奮闘する物語。

 濱田は「小さな家族の一夏の想いが世界を変えてしまうような渦を乗り越え公開出来たことは奇跡。夢のような時間」とコロナ禍で公開を迎えられたことに感慨。

 更に「それだけでも十分なのに、今回熱い思いがこもった映画祭に、そして逆境を乗り越える映画人の前に立たせて頂けたこと、これもまた奇跡。こんな夢のようなことを短期間で味わっていいのかなと思うぐらい幸せ」と喜びを噛みしめた。

 劇中では、水川あさみ演じる恐妻・チカに罵られる。「撮影に入る前まで自分のイメージで台本と向き合っているのはあくまで机上の空論ということを水川さんに教えて頂きました。あれ? そうなに言う? みたいな。思っているより言うじゃん」と明かし、観客の笑いを誘った。自席に着いていた水川も微笑んだ。

濱田岳

 そんな濱田。水川の“迫真”の強烈な罵倒に「撮影もつかなと思ったんですけど…」としながらも「奇跡的にあの男と僕の図太さはシンクロしていたみたいで、日に日に慣れていった感じです」。

 その水川は、「濱田岳君の横には役のモデルとなった監督がいる。2人が並んだ顔を見ると自然と怒りがこみ上げてくる。自然とイライラする状態でした」と明かしていたが、「岳君の横に監督がいて、どんどん同じ顔になっていく。意気込まなくてもいられました」と笑いを誘った。

 この日はモデルとなった足立監督夫妻も登壇。二人の芝居を称えるとともに祝意を表した。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)