水川あさみ

 多摩市民などからなる実行員会が表彰する『第12回TAMA映画賞』の授賞式が29日、東京都府中市の森芸術劇場どりーむホールで行われ、最優秀女優賞を受賞した水川あさみは「地を這うような人間味のある面白みの溢れる面白い役に出会えたら」と今後の展望を明かした。

 【写真】夫婦役を務めた濱田岳と笑顔を見せる水川(全12枚)

 本年度最も心に残った女優を表彰する最優秀女優賞。長澤まさみと受賞した水川は『喜劇 愛妻物語』『グッドバイ嘘からはじまる人生喜劇』『ミッドナイトスワン』などで評価された。

 主演女優賞にあたる賞の受賞は自身初めて。「感激しています。飛び上がるほど嬉しく思います」と喜びを噛みしめた。

 今年は5本の公開作品に出演。「全く違う色味の役柄を演じさせて頂いた印象。今年は特に映画と深く関わりが持てた1年だった」。なかでも役柄に運命的な出逢いを感じた『喜劇 愛妻物語』は「思いれが強いです」

 『喜劇 愛妻物語』では、夫・豪太(濱田岳)に失望する恐妻・チカを演じた。劇中ではダメ夫にイライラを募らせ罵声を浴びせるなどかなり“こわい”妻を好演している。

 撮影を振り返り「濱田岳君の横には役のモデルとなった監督がいる。2人が並んだ顔を見ると自然と怒りがこみ上げてくる。自然とイライラする状態でした」と明かし、観客の笑いを誘った。

夫婦を演じた水川あさみと濱田岳

 今後は、自身のイメージにない役を積極的に演じたいという水川。「どんな役でも自分が出会ったことがない役なら挑戦したい。地を這うような人間味のある面白みの溢れる面白い役に出会えたら」と展望。

 更に「役者をやっていく上で、もっともっと映画に携われる面白い人になれたら」と意欲を示した。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)