元恋人役を演じた藤原季節と萩原みのり

 藤原季節、細川岳、萩原みのり、遊屋慎太郎、森優作、内山拓也監督が28日、都内で映画『佐々木、イン、マイマイン』公開記念舞台挨拶に臨んだ。

 細川岳の高校時代の同級生とのエピソードが原案。俳優志望の悠二と圧倒的存在感を放つ同級生の佐々木、その仲間たちの過去と現在を通して、青春時代特有のきらめきと、愛おしくも戻らない日々への哀愁をストレートに描き出す。

 藤原演じる悠二の元恋人・ユキ役を務めた萩原。藤原とは数年来の友人で共演は念願とも語っていた。その藤原は、ユキとのシーンは「どうやって作って行くか、難易度の高いチャレンジだった」と明かしたが、萩原は顔を覗き込むように「挑戦だった?」と問うと、「いや、いい意味で」と照れ笑いする藤原。

 萩原は、藤原との撮影は「居心地が良かった」とし、「完成した作品を観て、私の知らない悠二が沢山いた。付き合っていた人の事を知っているようで知らなくて、(完成した作品の悠二の顔を)見たときに大事で大事でしょうがなくて」とユキの気持ちを代弁。

 更に、「季節君が悠二だったら、ユキは私しかいないと思った。それは完成した今でも思っています」と、長年の友である藤原との関係性があればこそ、劇中にある悠二とユキの距離感が表現できたと自信をのぞかせた。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)