林遣都

 『第33回東京国際映画祭』会期中の5日には、東京・EXシアター六本木で、映画『私をくいとめて』(12月18日公開)の舞台挨拶が行われ、のん、林遣都、橋本愛、大九明子監督が登壇した。この中で林は、初共演となったのんの印象などを明かした。

 【写真】観客に手を振る林遣都(全7枚)

 綿矢りさ氏原作の作品を大九明子氏が監督・脚本で映画化。脳内に、相談役「A」を持つ、31歳おひとりさま・みつ子。悠々自適におひとりさまライフを満喫していたが、年下営業マン・多田くんと出会い、久しぶりに訪れた恋に戸惑いながらも一歩踏み出していくさまを描く。

 のん演じるみつ子が恋する腹ペコ年下男子・多田くん役を務めた林遣都。「原作では多田くんの事が沢山描かれているわけではないので、作っていかないといけないと思い、脚本にある少ないヒントから想像して行きました」と回顧。

 のんとの初共演は「凄く楽しかったです」。普段は穏やかな印象も芝居が始まると目の色が変わるといい「吸引力があり、常にそれに突き動かされ、一緒にお芝居をして、大事に大事に細かい瞬間を共有している感覚がありました」と振り返った。

見たこともない自分がいた

 綿矢りさ氏と大九明子監督のタッグは『勝手にふるえてろ』(17)以来となる。本作で脚本も担当した大九監督は、原作を読んだ当初は映画化する意思はなかったものの「もし他の誰かがこの作品を映画にして、私の好きな綿矢文学の世界が、私の期待しているものとは違う形で映画化されたらいやだなと思った」とすぐにシナリオを描いたという。

橋本愛、のん、林遣都、大九明子監督

 そうした綿矢文学に思い入れの強い大九監督の演出について、林は「自分の想像を上回る演出が毎日飛んでくるので、それが楽しくてもっと演じていたいという気持ちがピークに達したところで撮影が終わってしまってたので、思わず『僕もっといろいろやりたいです』と口走ってしまった気がします」と明かし、笑いを誘った。

 そのもとで作り上げた“多田くん”。「本編の映像を見たときに間違いなく、見たことのない自分だったので、それがとても嬉しかったですね」と手応えを口にした。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)