EXILE NAOTO

 EXILE NAOTOと土屋太鳳、寺門ジモン監督が『第33回東京国際映画祭』会期中の4日、東京・EXシアター六本木で、映画『フード・ラック!食運』(11月20日公開)の舞台挨拶に臨んだ。

 「食」をテーマに、母と子の愛情を描く。ある事件がきっかけで閉店した人気焼肉店「根岸苑」を切り盛りしていた母の息子・良人。今はライターとして働くなか、グルメ情報サイトの立ち上げを任されることになるものの、疎遠になっていた母が倒れたとの報せが入る。

 【写真】観客に手を振るNAOTO(全9枚)

 良人を演じるEXILE NAOTOは「愛してやまない食をテーマに家族愛を大事にしている」。公私ともに付き合いのある寺門監督については「もちろん役作りも勉強しましたが、何よりも食べることが好きだったので幸せな気分でした。この後ぜひ焼肉屋に行ってください」と呼びかけた。

 焼き肉好きの寺門が監督を務めるとあって食へのこだわりも細部にわたる。肉との相性は「いい!」と胸をはるNAOTOは、撮影の様子を「お肉もしっかりと演技してもらわないと困るということで、ジモンさんから演技指導はなかったけど、肉の焼き方指導は厳しく。かなり焼き方、見え方にこだわっていた」と明かし「すごくお肉が良い演技をしてくれました」と太鼓判。

 その焼き方指導では「トング」の使い方にも及んだ。「良人は焼肉になるとスイッチが入る。どうやって役作りをしようかと考えていた時に、ジモンさんから『このトングが武士が持つ日本刀ならすっと構えて抜き出すと思う』と言われてスッとできました。これが肉の武士道だって」と振り返った。

 また、W主演を務め、シリアスで寡黙の良人を献身的に支えるのが静香を演じた土屋太鳳からは印象を「狩人の目」と例えられた。土屋は「普段のNAOTOさんは良人とは雰囲気違いますが、生き様は狩人の目をされている。目標に向かって前を進んで研究されている。それが良人の覚醒後のパワーを与えている」と語った。

 この「狩人の目を」を通訳が「ハンターアイ」と訳すとNAOTOは「これからセカンドネームとしてハンターアイを使おう」と照れ笑いを浮かべつつも乗り気だった。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)