中条あやみ

 中条あやみ、小澤征悦、兼重淳監督が『第33回東京国際映画祭』会期中の4日、東京・EXシアター六本木で、映画『水上のフライト』(11月13日公開)の舞台挨拶に臨んだ。この日は室伏広治スポーツ庁長官も登壇し、カヌー&走高跳に挑戦した中条の演技を称えた。

 【写真】小澤征悦、室伏長官、中条あやみ、兼重淳監督の集合写真

 事故で歩けなくなった失意のヒロイン・遥が出会ったのはパラカヌー。心を閉ざす彼女の新たな夢となるよう、周囲の人々が支えていく。実話に着想を得たオリジナルのヒューマンドラマ。

 遥は、走高跳で有望な選手だったものの事故によって歩けなくなる。しかし、パラカヌーの出会いが彼女の未来を変える。中条はカヌーだけでなく、走高跳の難演技に挑戦した。

 競技用カヌーを乗りこなせるのに一般でも1カ月ぐらいはかかるという。練習期間が長くとれないなかで中条は「私がしっかり漕くことで臨場感が伝われば」との思いで必死に取り組んだという。

 コーチの浩役を務めた小澤はそんな姿に「僕も1回乗せてもらいましたが、サポート頂いた両サイドの方が手を離した瞬間に一回転」と明かし、自身の役柄のセリフ「空を飛んでいる鳥のように見えました」を引用して称えた。

 この日は室伏スポーツ庁長官が駆けつけた。中条の芝居を見て「それまで経験がないということでしたが、相当練習されたんだと思いました。カヌーだけでなく、ハイジャンプもハイジャンパーのように見えた。タレント性もあり、努力もされて、スポーツのシーンも素晴らしいものになった」と称えた。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)