役所広司

 『第33回東京国際映画祭』が10月31日に開幕した。例年は六本木ヒルズアリーナでレッドカーペットが行われているが、今年は新型コロナウイルス感染症予防対策のため東京国際フォーラムでセレモニーが実施された。

 フェスティバル・アンバサダーを務める役所広司は「スクリーンで映画を見れるのはファンにとっては最高のプレゼント。コロナ禍での開催は今後に活かされると思う。コロナ禍の先はどうなるかは見えない。共存しなければいけないのであれば、皆で知恵を絞って頑張っていきたい」と意気込み。

 また、映画の力について「子どもの頃から体験して、無意識ですが沢山のことを吸収した。光や音楽など色んな要素が良いカタチで融合した時に感動が得られる。その感動の記憶が僕自身の生きる糧になっている。ドキュメンタリー映画は事実の記録から強烈なメッセージがあって時代を変える力がある」と語った。

 今年は例年とは違い、観客が良かった映画を自ら選ぶ「観客賞」が選出される。「観客が映画を評価するのが一番正しい。世界中の映画人が作ったものを評価するのは責任重大で公正さが求められる。観客の皆さんが重要な役割を担うことは熱気にもつながる。とても良いこと」

 改めて「アンバサダーという大役をもらったが何をすればいいか、役に立てるかは分からない。日本映画には素晴らしい映画監督がいて世界に感動を与えてきた。東京国際映画祭も世界に恥じないように成熟していくことを願っている」と挨拶した。

 東京国際映画祭は11月9日まで、六本木ヒルズ・EXシアター六本木、東京ミッドタウン日比谷、日比谷ステップ広場ほかで開催される。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)