出演した岡田奈々、柏木由紀、村山彩希、山内瑞葵(C)17LIVE

 AKB48の柏木由紀、岡田奈々、村山彩希、山内瑞葵が2日夜、ライブ配信アプリ「17LIVE(イチナナ)」で配信された『17LIVE presents AKB48 15th Anniversary LIVE 事前企画 第2弾「3週間前SP」』に出演した。

 5月22日・23日に開催される、AKB48の15周年を記念したコンサート『17LIVE presents AKB48 15th Anniversary LIVE』。22日には峯岸みなみ卒業コンサート、23日にはチーム8全国ツアーファイナル、そして、AKB48単独コンサートが行われる予定。その模様が「17LIVE」で無料独占ライブ配信される。

 今回の配信企画は、そのライブに向けた事前企画の第2弾。3公演のうち、AKB48単独コンサートにフィーチャーし、柏木由紀、岡田奈々、村山彩希、山内瑞葵が思いを語った。また、柏木が動画メッセージを寄せた。

 この日は岡田を進行役に、未定だった正式コンサートタイトルが発表された、1曲を決める視聴者投票も行われた。盛り上げるためのアイデア考案コーナーが企画された。

 単独コンサートを演出する柏木は「初めてのことで打ち合わせで5時間やったり、普段こんなにスタッフさんが頑張ってくれているんだと実感して。照明や映像、SEとか細かくやって、実際どうなるのかが分からなくて。うまくいったらいいな」と胸中を明かした。

 演出はほぼ決定しているという。「メンバーのキラキラとした部分と一生懸命さが伝われば。一番はファンの方が喜んで頂けるようなコンサートになれば」との願いも語った。

 正式コンサートタイトルについては事前にメンバーが考案したものが披露された。峯岸みなみ・小栗有以は「AKB48に夢中にさせちゃうぞ」、小栗有以は「1周まわってやっぱ『AKB』」、小田えりなは「幕の内弁当の梅干しになれ!」

 山内は「タイトルは目標みたいなものになると思うので…」と小田案を推すも、柏木は「ないと思います」とばっさり。笑いに包まれるなか岡田は「ずっきーも冗談を言えるようになったんだな」と感心した。

 最終的に、正式タイトルは『17LIVE presents AKB48 15th Anniversary LIVE AKB48単独コンサート ~好きならば好きだと言おう~』に決定したことが発表された。2006年に発売されたメジャー・デビューシングル「会いたかった」の歌詞に出てくる一節を取った形だ。

 柏木は、メンバーから募ったタイトル案から、チームBの久保怜音が考えたタイトル案を採用したと説明。

 柏木は「いっぱいいいのがあったけど、メンバーもファンも一致妥結できると思った。私たちもAKB48が一番好きだと胸を張って言えるような、ファンの方もコンサートを見てやっぱAKB48が好きだなと思ってもらえるようなコンサートにしたいという気持ちを込めた」と明かした。

 一方、視聴者投票でコンサートで披露する1曲では、「少女たちよ」「Everyday、カチューシャ」「ひこうき雲」「君のことが好きだから」の候補曲が発表され、その中の1曲を視聴者投票で決めた。

 村山は「自分が投票するんだったら『ひこうき雲』」とし、コロナ禍で観客が声を出せない状況を考慮して「タオルを回すのはコンサートならでは、分かりやすく一致団結して楽しんでいる感がでると思う」とした。

 山内は「少女たちよ」。「円陣があるからメンバー同士で目を合わせるのが好き。円陣の手を出すのを、ファンの方も出してもらったら一体感が生まれそう」と語った。

 最終的に選ばれたのは「ひこうき雲」。ファンの一部から「声が出せないから動くかない」との声も聞かれた。

柏木由紀、AKB48単独コンサートへメッセージ

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)