稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛

 香取慎吾と祐真朋樹がディレクションする『JANTJE_ONTEMBAAR』(Permanent Pop Up Shop)が引っ越しを終えた。8月25日には開店した丸の内の新店舗に稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人が来店。稲垣と草なぎは「おめでとう」と祝福した。

 店舗に入ると、草なぎは「前のものも残っているんだね」と前店舗から持ち込まれた装飾に気づいた様子。これに香取は「ファッションだけでなくこうした(サステナビリティ)話しを聞いた時に、祐真(朋樹)さんもぼくもそうしよう、とすぐに納得した」と説明した。

 稲垣も「『BISTRO J_O』の空間と相通ずるものがあるよね。『BISTRO J_O』にも近くなったし、『BISTRO J_O』に行って、そのあとで『JANTJE』で買い物して…」と、自身がディレクターを務めるレストラン&カフェ「BISTRO J_O」(中央区銀座)とともに楽しんでほしいと期待を寄せた。

 今回初めて「JANTJE_ONTEMBAAR」オリジナルのアパレルとして新発売されるリラクシングシャツ&パンツにも気づいた2人。「草なぎ君も僕もこれすごくいいねって」(稲垣)「今って部屋にる時間もだいぶ長くなっているから」(香取)「パジャマって重要だよね、気に入ったパジャマ着てるだけでワクワクするよね」(稲垣)「Tシャツもいいねえ」(草なぎ)と語り合った。

 丸の内仲通りの角地に位置し図らずも、3人がIPC(国際パラリンピック委員会)アンバサダー(特別親善大使)を務めるパラリンピック会場の一つ「国際フォーラム」も近い。パラリンピック関係者も通りかかる度にショーウインドウに興味津々の様子でのぞき込む姿もみられた。

来店の様子

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)