朝比奈彩(撮影・木村武雄)

 女優でモデルの朝比奈彩が、自作の洋服コレクションを「Amazon The Drop」を通じて初めて海外同時発売する。10日には都内で『朝比奈彩 Amazon The Drop』デビューイベントが開かれ、朝比奈は「いつか自分のブランドを持ちたい」と意欲を示した。

 「Amazon The Drop」は、「amazon fashion」が、アメリカ、ドイツ、日本、イギリスなど世界中のインフルエンサーやブランドに、それぞれの街に溢れるスタイルにインスパイアされた商品をデザインしてもらうプロジェクトで、コレクションは30時間限定で注文を受け付ける完全受注生産となる。

 朝比奈が意識したのは「シンプル」さ。20代後半から30代前半の働く女性に向けに「シンプルでそぎ落としたものを前提にデザイン性のあるもの」を意識。誰でも着やすい、シンプルで自分好みにアレンジできる7つのコレクションを制作した。

 流行り廃りに左右されず長く使えることを意識したジャケットは「お尻まで丈があるオーバーサイズ」。パンツやスカートは「チャックだとフィット感が難しいのでフィットするように今回は全部ゴムにしています」

何年も着られることを意識して作ったジャケット(撮影・木村武雄)

 また、リモートワークでの利用シーンを想定したニットのトップスはシンプルでありながらも、デコルテの美しさが出るようにデザイン。「家にいる時は楽な格好をしたいと思うので楽な素材を使用しています。リモートワークなら少しアクセサリーを足すことで雰囲気が変わると思います」

ニットのトップス。襟にちょっとしたデザインが(撮影・木村武雄)

 ワンピースも「ベルトを巻いたり、靴もパンプスやスニーカーなどで雰囲気が変わると思います。オーバーサイズが流行っているので、ワンサイズ大きくしても良いと思います」とアドバイスを送った。

お家時間のなか「もう一度ファッションを楽しんでもらいたい」と作ったブルーのワンピース(撮影・木村武雄)

 自宅では普段、ゆるッとした服装で過ごしているという。「ゆるっとしていて可愛いのが一番いいと思う。仕事やきちんとしないといけないところなど状況と場所に応じて意識することはありますが、おうちにいる時はゆっくりするのがいい」とその考えもデザインに取り入れた。

 そんな朝比奈は、小さい頃から服が好きだたったという。今回の体験を経て自身のブランドを持ちたいという夢が明確になった。「自分が想像したイメージ通りに洋服が完成していく。ワクワクが止まらなかった。これまではできないだろうなと思っていましたが、道が切り開けた感じです。いろんなことを教えてもらいました」と目を輝かせた。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)