(C)2021 Lucasfilm Ltd.

 「スター・ウォーズ」史上最強の賞金稼ぎボバ・フェットを主人公に、今まで謎に満ち溢れていた彼の数々の真実が明かされるオリジナルドラマシリーズ『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』が12月29日17時から、ディズニー公式動画配信サービスDisney+独占で日米同時配信開始。このほど本作で初めての映像となる特報と新キービジュアルが全世界解禁。いままさに“SW 史上最強の賞金稼ぎ”が“闇の世界の支配者”への階段を上り始める姿を映し出す映像と新キービジュアルには彼と行動を共にするフェネック・シャンドが並ぶ。

 『スター・ウォーズ エピソード 5/帝国の逆襲』で初登場した伝説のキャラクター ボバ・フェットは、特注のマンダロア・アーマーや、殺傷能力の高い武器を駆使する傭兵であり、シスの暗黒卿ダース・ベイダーや闇の世界を支配する犯罪王ジャバ・ザ・ハットに認められ銀河に名を轟かせる伝説の賞金稼ぎ。今回ドラマの舞台は「エピソード 6/ジェダイの帰還」のその後。ボバ・フェットが、かつてジャバ・ザ・ハットが統治した惑星タトゥイーンの<闇>の支配へと乗り出す。

 公開された特報で「俺は賞金稼ぎじゃない」と明言。そして「ジャバは恐怖で支配した。俺は敬意をもって支配する」と闇の世界を支配すると宣言する。

 「エピソード6/ジェダイの帰還」でルーク・スカイウォーカーやハン・ソロとの戦いの最中に命を落としたと思われていたが、ディズニープラスで独占配信中の<『マンダロリアン』チャプター14:悲劇(シーズン2 第6 話)>で再び登場したボバ・フェット。

 伝説のキャラクターの帰還は全世界の「スター・ウォーズ」ファンを驚かせ、さらに最終話のエンドクレジット後には、タトゥイーンにあるジャバ・ザ・ハットの玉座を奪うシーンが映し出され闇の世界での暗躍が示唆されるビックサプライズ。ファン待望のボバ・フェット単独主演作品とあって、世界中に歓喜の声が沸き上がっていた。

 さらに特報ではド派手な戦闘アクションはもちろん、「スター・ウォーズ」らしい様々な異星人の登場、そして何よりも“完璧な『スター・ウォーズ』”の世界観で描かれるボバ・フェットの新たな物語に期待値は高まるばかり。『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』で死んだはずの最強の賞金稼ぎボバ・フェットは、何故生きていたのか―? 今まで語られることのなかったボバ・フェットの謎と真相がついに明らかになるのか…? この冬、誰にも予想がつかない新たな冒険が待ち受けている。

 「スター・ウォーズ」を生んだ巨匠ジョージ・ルーカスが「人気が出ると知っていたらもっと活躍させて、彼が迎える最期もカッコよくしたかったと」後悔を公言するほど高い人気を獲得しているボバ・フェット。「クローンの攻撃」ではジャンゴ・フェットを演じ、『マンダロリアン』からはボバ・フェットを演じているテムエラ・モリソンは「あまり多くは言えないのですが、今作では「帝国の逆襲」以降の彼の過去を、彼の旅を知る事ができます。」とコメント。伝説的な人気キャラクターだけに<ボバ・フェットはサルラックからどのように脱出したのか?/ダース・ベイダーとはどんなやり取りがあったのか?>などの謎が明かされるのか?といった数々の憶測が生まれており、「もっと活躍させたい」と願ったジョージ・ルーカスの夢も相まってファンの期待値は高まるばかりだ。

 ディズニープラスのオリジナルドラマシリーズとしてオビ=ワン・ケノービとアナキン・スカイウォーカーが登場する『オビ=ワン・ケノービ』や「クローン・ウォーズ」で初登場し『マンダロリアン』で実写化したアソーカ・タノが主人公の『アソーカ(原題)』、「ローグ・ワン」のキャシアン・アンド―を描く『アンド―(原題)』そして、この壮大なるドラマシリーズの幕開けとなるの『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』。壮大な物語を紡ぐ超豪華ラインナップも控えている「スター・ウォーズ」ディズニープラスオリジナルドラマシリーズ。

 “完璧な『スター・ウォーズ』”と評された『マンダロリアン』シリーズのスタッフが贈る『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』は12月29日(水)17 時よりディズニープラスにて日米同時配信開始。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)