永瀬廉が表紙を飾る『CHEER Vol.17』(宝島社)

 King & Princeの永瀬廉が、宝島社が発行するムック『CHEER Vol.17』(2022年1月4日発売)の表紙に登場する。

 2018年にKing & Princeのメンバーとしてデビューし、今年3月には第44回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。前期のNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』に出演し注目を集めた。

 2022年は、1月8日から放送がスタートするNHK土曜ドラマ『わげもん~長崎通訳異聞~』で時代劇初主演。さらに、主演映画『真夜中乙女戦争』も1月21日に公開されるなど、俳優として大活躍中だ。

 映画『真夜中乙女戦争』で、鬱屈した生活を送る“私”を演じた永瀬は、「“私”は、現代人が抱えている悩みを凝縮して固めたモノを持っているような人。SNSが発達した現在ならではの窮屈感だったり、誰かとくらべてモヤモヤしたり。気にしなくていいところで、劣等感を抱いてしまうこともあります。『今の自分を壊したい』という気持ちもすごく理解できます」と語っている。

 永瀬は、この役を演じるうえで、人との出会いをきっかけに人間らしくなっていく“私”の「変化」を大事にしたそう。

 “私”と同様、自身も共演者の柄本佑やジャニーズの先輩であるKis-My-Ft2の玉森裕太、本作に出演する関西ジャニーズJr.の後輩など、周囲から刺激を受けたエピソードを語っている。

 また、映画のタイトルにちなんで“真夜中”について質問すると、青春の思い出が詰まった大学時代や、普段聞くことのできない、家で過ごす“真夜中”についてもたっぷりと明かした。

 今回の撮影は、グレーのタートルネックに真っ白なダウンジャケットを羽織ったスタイル。ページいっぱいに写る永瀬がアンニュイな表情でこちらを見上げる姿など、思わずドキッとさせられるファン必見のカットが満載だ。

 また、ジャニーズWESTの小瀧望×なにわ男子の大西流星と、永瀬廉が大人気の両面ピンナップに登場。小瀧と大西は、関西ジャニーズの共演で話題のドラマ『鹿楓堂よついろ日和』の和服姿で撮影した。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)