(C)KADOKAWA  PHOTO/MAKINO HOTA

 元『Ranzuki』専属モデルとして活躍していた長谷川万射が、友人でインスタグラマーの“うれしのちゃん”こと嬉野ゆみの『嬉野ゆみ1st写真集 うれしのちゃん』に友情出演した。

 ギャル誌『Ranzuki』や『LOVEggg』の専属モデルとして活動していた長谷川万射(@mayanyam712)。20歳で出産をし、現在はシングルマザーとして子育てをしながらモデルやインスタグラムなどを中心に活動している。

 今回、2ショットグラビアに友情出演する『嬉野ゆみ1st写真集 うれしのちゃん』は、“あざといは正義”をテーマにした、見えそうで見えない脚や太ももの“ちょい見せ露出”のあざとさで人気のうれしのちゃんが、その先をついに解禁した写真集。これまで見せたことがなかった大胆なカットに挑んでいる。

 これに合わせ、写真集撮影時に撮り下した長谷川のソロショットを特別公開。彼女が誌面に登場するのは久しぶりだ。

 写真集では、うれしのちゃんとふたりで触れ合いながら、水着でジャクジーに入ったり、シャワーを浴び合ったり、ランジェリー姿でベッドで寛いだり、さらにキャミソール姿などを惜しむことなく披露している。

 長谷川は、写真集の表紙の帯にも登場。「こんなにセクシーなうれしのちゃんは初めて!女の子の肌に触れるなんてとっても新鮮でした!」と撮影時の様子をコメントしている。

■長谷川万射:コメント

 ひさしぶりの本格的な撮影は、友達の嬉野ちゃんといろんなシーンやポーズに挑戦してほんとに楽しかったです!

 これまでファッション系の撮影が多かったので、こんな風に自分自身を見せるグラビアをしたのは初めてで、撮影前は少し緊張しました(笑)。

 もっと色んなことに挑戦してみたくなったので、今後もっと自分をさらけ出した写真も撮ってみたいなぁと向上心が湧いてきました。

 撮影当日、カメラマンさんほかスタッフの皆さんに「脚がキレイ!」と褒めてもらったので、今後は意識して、“脚見せカット”をインスタにアップしようと思っています!

 今回、この記事を見てくれてる皆様にはぜひチェックして頂けたらとっても嬉しいです。

 ◆プロフィール 1996年7月12日生まれ、静岡県出身、身長154cm、靴のサイズ23.5cm、好きな食べ物は甘いものと和食、趣味は歌う事と食べる事。中学生でギャルになり15歳から約4年間『Ranzuki』の専属モデルとして活動。19歳で歌手としてシングル曲『smile of tears feat.A-HOUSE』をiTunesにて配信。20歳で出産をし1児の母に。21歳から約2年間、雑誌『LOVEggg』のレギュラーモデルとして活動。現在はシングルマザーとして子育てをしながら、モデルやインスタグラムなどを中心に活動中。

書誌情報

『嬉野ゆみ1st写真集 うれしのちゃん』
著者:嬉野ゆみ
撮影:槇野翔太
定価:本体3,000円+税
仕様:A4判/128ページ
ISBN:978-4-04-605500-2
発行:株式会社KADOKAWA
発売日:2021年11月17日(水)

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)