滝藤賢一

 俳優・滝藤賢一が25日、都内で行われた、自身初となるファッションブック『服と賢一 滝藤賢一の「私服」着こなし218』(主婦と生活社)の出版トーク記念イベントに出席した。イベント前には囲み取材に応じた。

 芸能界屈指の“オシャレ俳優”とも言われる滝藤を、編集者が約1年間追いかけた。撮影のために用意したものではなく、普段の私服を撮り収めた。ドラマや映画の撮影が入ればその現場に赴き撮り、そして、私生活も収めた。その日数は173日間、218ポーズにわたる。

 「仕事に入る前に撮りに来て頂いて。俳優の仕事や私生活に支障をきたさないように作って頂いたので、私生活に近いものになっています」

 小学生の頃から服は好きだ。少年時代はジャッキー・チェンが好きで、サスペンダーなどを真似た。「着たいものを着る」。そのスタイルは今も変わらない。

 「人の影響も、映画の影響も受けていますし、(趣向)はコロコロ変わっているし、着たいものを着ています。ただ流行りものは着ないですね。流行りものは誰が着てもカッコいいので、そうではないものを着ています」

 テレビの仕事でもバラエティ番組には私服で臨む。その滝藤がこのイベントのために着たのは「滝藤流の正装」。モーニングに見立てたジャケットとデニムのオールフランス製だ。「正装しているけどパンツはデニムってカッコよくない?」とオシャレに着こなした。

 お気に入りのカットは、「どれも好きな服なので選べない」と、自身の腹筋美が写ったカットを選んだ。「撮ったのは去年9月でしたが、この頃は役で体を鍛えていて、かなり絞り切りました」と笑った。

 自宅でも、いわゆるスエットなどの部屋着ではなくスポーツウェアで過ごしている。「寝る時もですね」。セットアップは年に5、6着購入している。8畳の部屋は服で埋まり、まもなく14畳の部屋も「埋まりそう」だ。

 改めて「この本を通して元気というか、自分が好きなことを見つけて楽しんで生きようと思ってくれたら嬉しいです」と思いを語った。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)