『ViVi』10月号で激レア三変化。山崎天

 9月号から『ViVi』(講談社)専属モデルとなった櫻坂46の山崎天(崎は立に可)が、20日発売の10月号で連載『もでるずzine』に登場する。

 隣に住む可愛いあの子をイメージした「となりの天ちゃん」に、ファンネームの“天使”にちなんで本人が天使になってみた。「えんじぇる天ちゃん」、そしてギャルブームに乗っかって初挑戦した90年代の清楚系「ぎゃる天ちゃん」と激レアなビジュアルを披露している。さらに、幼少期の「ちび天」写真も大公開。可愛すぎる5歳の天ちゃんも注目だ。

 また、天ちゃんの名前にかけて、10個のマイルールを聞いた。表現に対する考えや日常生活のちょっとしたこだわり、メンバー内での自身の立ち位置やヘアスタイルなど。それぞれ15歳とは思えない落ち着いた回答に、スタッフも会うたび感心するほどだったという。

 撮影日は日差しの強い真夏日。そんな中、衣装はBIGニットやダウンと、前号から一気に秋冬モードにチェンジしたViViの撮影。驚きつつも、さすがは天ちゃん! プロ根性でカメラマンの指示を丁寧に聞きながら、汗をも味方につけた気合のシューティング。相変わらずポージングはスタッフを唸らせるほどバリエーション豊か。スタジオでは「可愛い〜!」の声が鳴りやまなかった。

 ViVi10月号「もでるずzine」には、切り取ってブロマイドのように飾りたくなるほど、儚くて美しくて可愛い天ちゃんがたくさんだ。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)