柴咲コウが表紙を飾る『美ST』7月号(光文社)

 柴咲コウが、女性月刊誌『美ST』7月号(光文社)の表紙に登場。2019年4月号以来、約2年ぶり2度目のカバーを飾る。

 女優、アーティストとしての活躍にとどまらず、起業から社会活動、自身のライフスタイルの発信に至るまで、マルチな才能を発揮し続ける柴咲コウ。

 女優・歌手・社長という3つの顔を持ち活動拠点は東京、そして北海道にも居を構える2拠点生活の暮らしぶりや仕事への向き合い方についてたっぷり語った。

 マスク着用で顔が隠れ、ソーシャルディスタンスを保つのが日常となった今、顔以上に美人印象を左右する髪の大切さに改めて注目が集まっている。

 一方で、白髪、ボリュームやツヤ不足など髪のエイジングに直面するのが美ST世代。そうしたエイジング悩みを解消しながらより美しい髪を叶える、自宅でできるヘアケアを徹底的に取材している。

 大特集の扉にはカバーも飾った柴咲コウが登場、自身のヘアケア習慣を明かした。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)