「ViVi」史上初、ローラの自宅で撮影した『ViVi』6月号表紙(講談社)

 ローラが、23日発売の女性ファッション誌『ViVi』6月号(講談社)のカバーガールを務めた。

 【写真】「可愛い」と絶賛を受けたローラのすっぴん

 現在、米ロサンゼルス在住のローラ、本当は日本での撮影を予定していたものの、新型コロナウイルスの影響で帰国が難しくなり、急きょ現地で撮影することになった。

 そこで編集部は、バリッとしたファッションシュートではなく、こんな時だからこそ、「一番そばにある幸せ」をテーマに、ロサンゼルスの自宅をメインにリラックスしたローラの姿を撮影させてほしいとオファー。ローラは企画の趣旨を理解して「OK!」と快諾、スタイリストもヘアメイクもつけず、超コンパクトなスタッフでの撮影に臨んだ。

 撮影時、ロサンゼルスはまだ外出禁止令発令前だったため、街での撮影も混ざっているものの、ほとんどのシーンが自宅で撮られたものとなっている。

 表紙も彼女の自宅の壁。非常事態でそういったテーマだったとはいえ、雑誌の表紙に私服、セルフメイクしかも自宅の壁で出てくれるような人はなかなかいないといい、『ViVi』37年の歴史の中でも初めてだという。

 今回の撮影は服やメイクの準備も大変だったはずだが、「むしろ、よーし、頑張ろう! って思って楽しかったー!」と笑うローラは以前と変わらず、明るくてポジティブなオーラに溢れていた。

 撮影にはローラの愛犬たちも登場。彼女にまとわりついて離れないのでなかなか撮れなかったり、写真のために日差しを求めて2時間も駆けずり回ったり、ハプニングもいろいろ。でもそれすらも楽しんだ模様。

 インタビューも、ロサンゼルスに移住した理由やどうやって英語を身につけたかなど、前向きな話でいっぱいだ。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)