(C)2022「ブルーサーマル」製作委員会

 堀田真由、島﨑信長、榎木淳弥が声優を務めるアニメ映画『ブルーサーマル』(2022年3月4日公開)の予告映像が公開された。

 「キラキラの学生生活がしたい!恋がしたい!」と意気込んで青凪大学に入学した主人公・都留たまき(声・堀田真由)。入学早々あるきっかけからグライダーを傷つけてしまい、弁償するために体育会系航空部に雑用係として入部。思い描いていたキャンパスライフとかけ離れている状況にいやいや練習に参加するも、主将・倉持(声・島崎信長)が操縦するグライダーではじめて空へ飛びたった瞬間から、一面に広がる空の美しさに魅了され、次第に空の世界に夢中になっていく。先輩で指導係の空知(声・榎木淳弥)や仲間たちとともに過ごす時間はかけがえなく、たまきは次第に“自分の本当の居場所”を見つけていく。

 本ビジュアルでは、空の表情に合わせたシーンが印象的に描かれており、1つとして同じ空がないように物語の中でたまきたちが迎える青春の物語を想起させるつくりになっている。

 朝焼けの空の背景に立つたまきと倉持の姿は、物語の中で倉持に誘われ空の世界に“恋をした”瞬間のたまきを表現しており、これから始まる新たな物語を予見させる。

 一転して曇り空の背景では下を向いているたまきと空知、そしてライバル校に所属するたまきの姉・ちづるとその後輩・羽鳥の対峙する姿が。強力なライバルの出現をはじめ、たまきの試練を感じさせる仕上がりになっている。

 美しい夕空の背景では、たまきを先頭に航空部の部員たちが楽しそうに前へ進む様子が描かれ、仲間との固い絆が生まれていく様子を表している。

 そして「ブルーサーマル」らしく、真っ青に広がる空の下、グライダーの機体と共に晴れやかな表情で立つたまきたち。「空に恋して、仲間と出会った。」というキャッチコピーにふさわしい、空と共に青春を駆けるたまきとその仲間たちが紡ぐ物語に期待が高まるビジュアルになっている。

 同時解禁となった本予告映像では、グライダーに初めて搭乗して空へ飛びたつたまきが、まさに“空に恋をした”瞬間から始まる。そして「空のこと、もっと知りたいです!」と次第に空の世界に夢中になっていくたまき。航空部での様々な活動を通して仲間たちと過ごす時間が、たまきにとって大切なものとなっていく。

 さらに姉・ちづるとの再会や、涙を流しながら葛藤するたまきの姿、たまきの身を案ずる空知の様子など、それぞれの不安や悩みを抱えながらも前に進んでいこうとする大学生たちの等身大の姿が切り取られている。様々な人の思いを乗せて大空に羽ばたくたまきと、その仲間たちの物語に期待が高まる。

 声優初挑戦ながら、共演した声優陣やスタッフからは「初めてと思えない」と大絶賛だった堀田真由によって、主人公・たまきが瑞々しくもいきいきと描き出されている。

 本映像では、島﨑信長・榎木淳弥・小松未可子・小野大輔など豪華声優陣が演じる役の声も初解禁となり、魅力的なキャラクターたちにますます期待が高まる。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)