(C)吉浦康裕・BNArts/アイ歌製作委員会

 土屋太鳳、福原遥、工藤阿須加が出演するアニメ映画『アイの歌声を聴かせて』が10月29日に公開されることが決まった。これに合わせ本予告と追加キャストが解禁され、大原さやか、浜田賢二、津田健次郎、カズレーザー(メイプル超合金)、咲妃みゆの出演が決まった。

 【動画】解禁された『アイの歌声を聴かせて』本予告

 ポンコツ“AI”とクラスメイトが織りなす、爽やかな友情と絆に包まれたエンターテインメントフィルム。監督は「イヴの時間」、『サカサマのパテマ』などで海外からも注目を集め、アニメーションの新たな可能性を切り拓いている吉浦康裕。自身が得意とする「AI」と「人間」の関係というテーマを、高校生の少年少女たちが織りなす瑞々しい群像劇という形で描写する。

 キャラクター原案には、気鋭の漫画家・紀伊カンナ、共同脚本には、『コードギアス』シリーズや「SK∞ エスケーエイト」の大河内一楼が参加。また、劇伴・劇中歌は「SK∞ エスケーエイト」の高橋諒、「プリパラ」「ドリフェス」の松井洋平が作詞を担当。

 ちょっぴりポンコツなAIの主人公・シオンを土屋太鳳が演じ、多彩な楽曲たちをエモーショナルに歌い上げる。もうひとりのヒロインであるサトミを福原遥、幼馴染のトウマを工藤阿須加が演じ、小松未可子、興津和幸、日野聡に加え、大原さやか、浜田賢二、津田健次郎ら実力派声優も集結した。

 今回解禁された本予告では、これまで「変わり者」とされていたシオンが実は試験中のAIであったことが判明。ひとりぼっちのサトミのためにやってきたというシオンは少しポンコツだが明るく天真爛漫で、サトミを始めとするクラスメイトたちはあっという間に「幸せ」を感じ始める。しかしある時、シオンを開発した会社によってシオンは回収されてしまいサトミたちはもう一度シオンに会うために奮闘する。

 「シオンは私たちのような人間でもなければ、完全に心を持たないロボットでもありません。彼女のアンバランスさが物語の核になっているので、どう演じればいいのか悩みました」と語っている土屋だが、今回解禁された本予告では愛らしいキャラクターに作り上げられたシオンが詰め込まれている。

 また、カズレーザー(メイプル超合金)、宝塚歌劇団出身の咲妃みゆの参加も発表。更に脇を固める声優キャストとして、大原さやか、浜田賢二、津田健次郎も解禁され、声優キャスト3人からそれぞれコメントが到着した。

シオン=土屋太鳳:コメント

 シオンは、AIと呼ばれる「脳」を持っています。でもその脳は機械で出来ているので、AIの反応と「心」は別だと思われがちです。でも…本当に機械に心はないのでしょうか?

 その疑問は、実は私が子どもの頃から感じてきた疑問でもあったので、その思いを切り口に、シオンの心を演じました。「人間に近くなれても決して人間にはなれない」という切なさや、「人間に近くなればなるほど恐れられてしまう」悲しさ。それを突き詰めると、この物語は「AIと人間の友情」を通して、「立場が違う者同士の友情」を描いているようにも感じます。

 これからの未来はいろいろなことが進化して、現実世界は狭くなり、仮想世界がいくつも生まれたりするのかなと思いますが、同時に何かが歪んだり、傷ついたり、急激な変化の中で見失ってしまうものがあるかもしれません。『アイの歌声を聴かせて』は、そんな少し先の未来を予感させる物語ですが、「愛情とは何か」という普遍的なテーマが描かれていますので、時代や文化を越えた説得力があると思います。古今東西、老若男女、全ての人に観ていただきたいです!そしてどうか、シオンの夢が叶う一瞬を、シオンと一緒に願っていただけたら嬉しいです。

 〇キャラクター紹介:シオン
 とびきり明るい転校生。変わった性格だが明るい人柄で、すぐにクラスの人気者に。実は、サトミの母が開発している試験中のAI。幸せの意味も知らないポンコツな【AI】で、ことあるごとにミュージカル調に歌いだし、思いもよらない行動に走る。

サトミ=福原 遥:コメント

 『アイの歌声を聴かせて』は純粋なシオンの生き方を通じて、サトミをはじめ周りの人々がどんどん変わっていく物語です。

 AIを扱った作品は、私たちの日常から遠く離れた世界として描かれることも多いですが、本作は現実と地続きの日常的なストーリーなので、作品世界に違和感なく入り込めたのだと思います。

 それにシオンはAIですが、私には人間と同じ命が宿っているように見えました。人工知能であっても人間らしい感情があれば、そこに命は存在するのではないのかなと。観葉植物も話しかけた方がよく成長すると言いますよね(笑)。あらゆる物事に対して優しく接するようになりたいなと、ちょっと壮大なことを思い巡らせるきっかけにもなりました。

 〇キャラクター紹介:サトミ
 真面目でまっすぐな性格で、母子家庭で家事もこなす母親想いの高校生。人一倍しっかりしているが、本心を見せるのが苦手。ある事をきっかけに学校では孤立してしまっている。

トウマ=工藤阿須加:コメント

 シオンはAIなりに社会について学びながら人との関係を築いていくキャラクターです。彼女は人を幸せにするために生まれましたが、よくよく考えてみると誰かを幸せにするって、シンプルでありながらとても難しいことですよね。どうすれば人は幸せになるのか、僕自身もまだよくわからないです。そんな命題に挑むシオンが側にいてくれたら楽しい日々が過ごせそうですし、シオンのようなAIがいつか生まれる日が来てもおかしくないなと思いました。

 僕は最初『アイの歌声を聴かせて』というタイトルの仕掛けに気付けなかったんです。「アイという名前のキャラクターは出てきたっけ?」と不思議に思っていたら「そうか、AI=アイ」だと。その謎が解けた瞬間に思わず感動してしまいました(笑)。

 〇キャラクター紹介:トウマ
 サトミの幼なじみで、電子工作部に所属している。研究者顔負けの機械マニア。密かにサトミに好意を抱き続けているが、一歩踏み出せないでいる。

美津子=大原さやか:コメント

――本作はオリジナル劇場アニメーションとなりますが、台本・Vコンテを見てのご感想をお聞かせください。

 なんて真っ直ぐで青春の輝きに満ちた、キラキラした物語なんだろう。台本を初めて読んだ後、しばらくその余韻にひたっていたことを覚えています。そして自分にとっての「幸せ」とは何か、誰かを真剣に幸せにしたいと願ったとき自分は何ができるのかと、自身の心に問いかけられたような気持ちにもなりました。

――演じられたキャラクターの役柄と、アフレコのご感想をお聞かせください。

 美津子は主人公サトミを女手ひとつで育てている母であり、とある大企業のラボで働く凄腕の研究者。普段とは違う状況だったこともあり、今回全員での収録ではなかったのがとても残念でしたが、ハマケンさん&ツダケンさんの大人チーム3人でアフレコできたので、男社会の中で揉まれながらも信念を持ってここまで必死に頑張ってきた、キャリアウーマンとしての美津子に関してはとてもイメージしやすかったです(笑)プライベートな面の彼女は、ふとしたときに見せるお茶目な表情や娘との仲睦まじい様子にあたたかい親近感を覚えて、演じていてとても楽しかったです。

――公開を楽しみにしているファンの皆さんへのメッセージをお願いいたします。

 この作品は、シオンを中心に、サトミたちの成長する姿が時にまぶしく時に切なく、でも真っ直ぐに描かれていきます。大きな壁にぶつかりながらも、懸命に自分たちの心と向き合いながら答えを得ようとするそのひたむきな姿は、きっとたくさんの方々の心に大切なものを呼び起こしてくれるはず…!スクリーンいっぱいに色鮮やかに展開する世界と心揺さぶられる歌の数々を、どうぞお楽しみに♪

 〇キャラクター紹介:サトミの母親。星間エレクトロニクスの社員で、「シオンプロジェクト」のリーダーを務めている。

野見山=浜田賢二:コメント

――本作はオリジナル劇場アニメーションとなりますが、台本・Vコンテを見てのご感想をお聞かせください。

 思っていても、思いあっていても伝わらない事は沢山あります。

 それでも人は誰かの為に、誰かを思って行動を起こすのです。

 それを繋いでいくシオンの力強さに眩しさを感じました。

――演じられたキャラクターの役柄と、アフレコのご感想をお聞かせください。

 野見山さんはなんといいますか個人的には色々と「ぐっ?!」ときてしまうおじさんです。主に胃の辺りが。

 光あるところには影ができてしまうのは必然です。

 同じところを目指して歩くのも難しいものなんですよね。

――公開を楽しみにしているファンの皆さんへのメッセージをお願いいたします。

 すぐ隣にある何気ないもの、いつもの関係を改めて見てみる事の幸せを感じさせてくれる作品ではないでしょうか。

 全てを語ることはできないので、あとは劇場でお待ちしております。

 〇キャラクター紹介:星間エレクトロニクスの社員。サトミの母・美津子の部下で「シオンプロジェクト」の一員。

西城=津田健次郎:コメント

――本作はオリジナル劇場アニメーションとなりますが、台本・Vコンテを見てのご感想をお聞かせください。

 想いが沢山詰まった作品です。

 とても丁寧にキャラクター達の心情が織り込まれていて、台本を読んでいる時にも心が動きました。

 それぞれの人物が躍動し、物語の大きな波を作り出していく。その波はやがて歌になり観る者の心に響き始める。

 純粋性に彩られた台本、良いなぁ。完成した映像が楽しみです。

――演じられたキャラクターの役柄と、アフレコのご感想をお聞かせください。

 嫌な大人です(笑)。社会や大人のルールに縛られて大切なものを見失っている、そんな大人のキャラクターです。

 大らかに、しかし明確なイメージを持って演出して頂きました。

――公開を楽しみにしているファンの皆さんへのメッセージをお願いいたします。

 丁寧に丁寧に紡がれたこの作品、是非劇場でご覧下さい。

 見終わった後、きっと歌いたくなるのではないでしょうか。

 青春って良いなぁ…。

 〇キャラクター紹介:サトミの母・美津子の上司で、星間エレクトロニクスの支社長。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)