花江夏樹

 明石家さんま、大竹しのぶ、Cocomi、花江夏樹、稲垣来泉、渡辺歩監督が26日、都内で行われた劇場アニメ映画『漁港の肉子ちゃん』(6月11日公開)完成報告会に出席した。

 【写真】笑顔を見せる花江夏樹とCocomi

 西加奈子氏の累計発行部数35万部超のベストセラー同名小説が原作。港の船に住む共通点なしの母娘・肉子ちゃんとキクコの秘密が繋ぐ奇跡を描いたハートフルコメディ。明石家さんまが企画・プロデュースする

 主人公・肉子ちゃんの声を大竹しのぶ。肉子ちゃんの娘・キクコの声をCocomiが務める。

 花江夏樹は、キクコの同級生で、本作の重要なキャラクターとなる少年・二宮役を演じる。「とても心温まる作品です。さんまさんプロデュースの作品に参加できて光栄です」と喜んだ。

 昨年9月に双子の女児が誕生している花江。「親の立場に立って初めて分かる肉子ちゃんの気持ちがあり、幅広い世代に見てもらえる作品だと思います」と紹介。

 更に「絵が綺麗で、肉子ちゃんがパクパク食べるシーンがあります。出てくる食べ物が本当に美味しそう。お腹が空いているときには見ない方が良いかも」と笑った。

 花江が演じる二宮はミステリアスな面もある。役柄の印象について「人とコミュニケーションを取らない子。自分だけの世界に入っていて、キクコと話しているのがほとんど。自分の言いたいことをボツボツとそのなかでキクコに気付かせる立場」と明かした。

 作品には、下野紘も声で参加している。さんまは「下野さんと花江さんはもう完璧。何パターンも考えてきてくれたので感謝しています」と絶賛した。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)