(C)おおのこうすけ/新潮社

 累計260万部を突破し大ヒットの、おおのこうすけ原作マンガ『極主夫道』が実写化ドラマに続き、今度はアニメとなってNetflixで4月8日(木)から独占配信が開始される。本作は、かつて裏社会で数々の伝説を残した元極道の龍が、専業主夫に転身したアットホームな日常を描く物語。本作の主人公・不死身の龍は、声優や俳優、ナレーターなど様々な分野で活躍する人気声優の津田健次郎が務め、TVアニメ『のだめカンタービレ』や映画『美少女戦士セーラームーンEternal』など数々の話題作を手掛ける今千秋が監督を務める。この春、全世界を笑いの渦に巻き込む新感覚アニメが誕生した。

 本作の主人公・龍は、元極道で最強の専業主夫。コワモテな見た目とは裏腹に、妻・美久のために料理を作ったり、掃除したり、家事を完璧にこなしている。近所の子供のお世話や町内の行事にも参加するなどご近所付き合いもうまく、町内の主婦からは厚い信頼を寄せられている。そんな本作は、龍だけでなく妻の美久や元舎弟の雅を巻き込み、ドタバタな日常に起きる出来事をクスっと笑えるユーモアたっぷりに描く。昨年、玉木宏主演でドラマ化もされ話題を呼んだ本作だが、今度はアニメで世界に羽ばたく。

 『極主夫道』のアニメーションは、あえて“動かない”演出を凝らしている。昨今のアニメは綺麗な動きを追求しているが、その逆をいくかのように、漫画のコマ割りのような絵にバランスよく効果音を入れており、あっという間に見終わってしまう究極のながら見アニメとも言える作品になっている。『のだめカンタービレ』や映画『美少女戦士セーラームーンEternal』などを手掛け、原作に忠実なアニメ化を得意とする今千秋監督の演出は、今までのアニメでも珍しい“新感覚アニメーション”となっている。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)