中川翔子

 アナフィラキシーで入院していた中川翔子が2日、自身のツイッターを更新し、退院したことを報告した。

 【写真】中川翔子が入院中に公開した背中。全身が赤く腫れあがっている

 中川は「退院できました、コロナ陰性でしたが高熱、痛み、疲労やストレス緊張を乗り越えるためにいろいろ薬を飲んでとある成分でアナフィラキシーおこしたみたいです。怖かったです。気をつけながら、自宅療養でとにかくお正月は全集中で休みます。ご心配おかけしました、LINEお返事溜まってて申し訳ないです」と伝えた。

 中川は1日午前1時頃に自身のツイッターで、全身に湿疹がみられ、手足のかゆみがひどく寝れないと綴り、同日正午ごろ「喉腫れて苦しくて全身かゆく病院きたらアナフィラキシーで、肝臓機能低下?もあるからと今日入院になりました」と報告。更に同午後6時頃には、発症した赤く腫れあがった自身の背中を公開し「全身真っ赤です」と綴っていた。

Photos

none...

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)