「スプリングバレー 感動体験篇 長谷川さん染谷さん」

 長谷川博己と染谷将太が出演するキリンビール『SPRING VALLEY 豊潤<496>』新TVCM「スプリングバレー 感動体験篇 長谷川さん染谷さん」が13日から全国で放映される。

 CMは、ある店内で「SPRING VALLEY 豊潤<496>」を注ぎながら、長谷川が「スプリングバレー飲んだことある?」と問いかけ、染谷が「初めてなんです」と答えるところから始まる。

 長谷川はグラスに注いだ「SPRING VALLEY 豊潤<496>」を掲げて「この香りを引き出すためには…」とその魅力を熱弁し始めたところで「飲んでいいですか?」と待ちきれなかった染谷が止めに入り、一口飲むと「おおーーーー!おいしいっすね!」と、その味わいに目を見開いて感動する。

 大河ドラマ『麒麟がくる』では明智光秀は長谷川博己、織田信長を染谷将太が演じた。

 インタビューでは久しぶりの共演に「楽しかったです」としつつもモニターを見ながら「これでいいのかな、こんなに平和で」(染谷)、「笑顔で現代服で。現代にいることの違和感というか。最初は照れくささもあって」(長谷川)と笑いながら振り返った。

 『麒麟がくる』では大名と家臣の間柄だったが、本CMでは立場は逆転。先輩・長谷川が後輩・染谷にレクチャーする。「その関係性も不思議な感じで。でも演じていて新鮮でした」(染谷)と語った。

長谷川コメント(一部)

――「SPRING VALLEY 豊潤<496>」の味わいについて教えて下さい。

 これぞ「クラフトビール」という感じ。一口含むと豊かな味わいと軽やかな後味、飲んだ瞬間に「おいしいビールだ」と実感できるビールだと思いますね。

――撮影を終えていかがでしたか。

 短い時間でしたけど、染谷さんとご一緒できてよかったです。(以前は緊張感のあるドラマ撮影だったので)こんなに笑顔で平和すぎて大丈夫かなと思いました(笑)染谷さんと和やかな雰囲気で過ごすことができる状況が、新鮮味があり楽しめました。

――染谷将太さんと共演していかがでしたか。

 若いけど落ち着いていますね。吸い込まれそうな素敵な瞳をしているので、見とれていました。また染谷さんに会って、若いっていいなと思いました。

染谷コメント(一部)

――「SPRING VALLEY 豊潤<496>」の味わいについて教えて下さい。

 これだけ香りが豊かで、これだけ色んな味が口の中に広がるのに、雑味がなくスーッと抜けて、また一口手を伸ばしたくなる。明らかにおいしいのがわかるので、感動しましたね。

――同世代に「SPRING VALLEY 豊潤<496>」をおすすめするポイントを教えて下さい。

 クラフトビールに触れたことある人でもない人でも、誰でも飲みやすくて、しっかり味わいも感じれるので、知らないからって手を出さないのは損です。本当に明らかにおいしい。若い人にも伝わると思います。

――長谷川博己さんと共演していかがでしたか。

 長谷川さんがいると落ち着くというか安心しますね。包容力があって、堂々といられるんですよね。何をやっても受け止めていただけるので今回も助かりました。

Photos

none...

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)