木村拓哉

 木村拓哉、玉木宏、山本耕史、光石研、中尾彬が10日、都内で行われたゲーム『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』完成披露記者発表会に登壇した。また、主題歌を担当したjon-YAKITORY、Adoがビデオメッセージを寄せた。

 【画像】リアル!木村拓哉が演じる八神隆之

 本格リーガルサスペンスストーリーと多種多様なゲームプレイで人気の『ジャッジアイズ』シリーズの第2作。新たな舞台となる横浜で、傷つき打ちのめされても、何度でも立ち上がり真実を追い求め続ける主人公・八神隆之の姿を描く。

 前作に引き続き八神を演じる木村拓哉。八神の魅力は「ブレない部分」としながらも「彼個人だけの魅力よりかは彼を支えるキャラクターにも恵まれている」とした。

 その八神を取り巻く人物には、裏社会掌握の隙をうかがう半グレ集団のリーダー・相馬和樹(玉木宏)、古参の便利屋・桑名仁(山本耕史)、警察官だった江原明弘(光石研)、人権派弁護士・源田龍造(中尾彬)という顔ぶれ。

 俳優になろうとしたきっかけが木村だったという玉木は本作から初参加で「嬉しかった」と喜び、木村とは過去に兄妹役で共演経験がある山本も「実際に現場ではお会いできませんでしたが嬉しかった」と揃えた。

 トークでは、実写では弁護士と探偵のどちらが演じたいか、という話題に。八神が弁護士ライセンスをもった探偵という役どころだが「役だったら探偵もありかな。逆に犯人もありなのかな。ストーリーがしっかりしていれば弁護士や探偵、犯人でもやりたい」

 これに、山本は「木村さんは全部合うと思う。でも犯人役をすごくみたい」、光石も「犯人役みたい」と期待を寄せていた。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)