新CM

 新垣結衣が出演する、アサヒビールの新テレビCM「アサヒ生ビール 復活の生」篇が9日から、「アサヒ生ビール おつかれ生です」篇が14日から全国で放映される。新垣はビールのCM初出演となる。

 今回のテレビCMは、竹内まりやの楽曲「元気を出して」にのせて、人並みの中を歩く新垣が、様々な人たちが和やかに乾杯をする活気づいた居酒屋のカウンターでビールを飲むシーンを回顧し、ずっと前からお店で愛され続けてきた『アサヒ生ビール』を、自宅のベランダで飲みながら幸せな一時を過ごす様子を描いた。

 新垣が、カメラ目線で「日本のみなさん おつかれ生です!」と優しくチャーミングに乾杯し、いつの時代も愛され続けてきたビールを口にして出たホッと落ち着いた表情は、『アサヒ生ビール』がもつまろやかなうまみを表現。

 また、『アサヒ生ビール』の復活を通じて、外でビールを飲む事が難しい昨今でも、自宅で賑わいや温かさといった“ぬくもり”を感じる新商品の飲用喚起を図る。新垣の温かい表情や乾杯の一言に注目だ。

表情に注目

 居酒屋でのシーンでは、新垣のリアルな表情を撮るために、監督から「じゃあ大将、オヤジギャグお願いします!」と無茶振りが入った。どんなギャグが出てくるか分からずに、少しドキドキした様子の新垣は、大将から飛んできた「はい、ビールお待ちど! 愛情たっぷり、ぷりっぷり~」とハイテンションなアドリブに、はじけるような笑顔を見せる。渡された並々に注がれたビールを前にすると、仕事終わりにフラっと居酒屋に現れる常連客かのごとく、ビールの香りや味を楽しみながら、今までの新垣の印象とは少し違う、大人な表情が垣間見えた。カメラが回っていない時も、大将と本当の居酒屋にいるような世間話で盛り上がっていた。

意外な腕前を発揮

 新垣は泡の量の調節などに戸惑いながらも、注ぐスピードやグラスの角度をビアマイスターに教えてもらい、工夫しながら“一番美味しいビールの注ぎ方”に挑戦した。「ポイントは、“泡の音”」とレクチャーを受けた新垣は、グラスに耳を近づけながら、泡の音に耳を澄ませながらジッと待つ。いざ、ビールをグラスに注いで飲むシーンでは、レクチャーしてもらった“美味しいビールの注ぎ方”を思い出しながら、腕前を披露。スタッフから「お!美味しそうな注ぎ方!」と褒められると、「やったー!」と可愛いく喜ぶ姿が印象的だった。

「おつかれ生です!」を探り続けた新垣

 日本の元気を復活させるような、優しく、温かみのある「おつかれ生です!」の表現方法を探り続け、何度もセリフにトライする新垣。「今、生きている全ての人にエールを送りたい」と撮影後のインタビューでも語っていた新垣は、監督と試行錯誤しながら、モニターで表情や声を念入りにチェック。最後には監督の「よし、OK!さすがです!」の掛け声と共に満場一致で満足のいく「おつかれ生です!」が完成した。撮影終了後、スタッフから「1日、おつかれ生です!」と花束を渡されると、自身がこだわったセリフに少し照れた様子で、はにかむ新垣だった。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)