吉岡里帆

 吉岡里帆が22日放送の日本テレビ系『おしゃれイズム』に出演し、鼻うがいにまつわる危機一髪の経験を明かした。

 【写真】過去に話題になった吉岡里帆の網タイツ姿

 この日の放送にゲスト出演した吉岡。番組では事前に江口のりこに“吉岡さんにやめて欲しいこと”について尋ね、江口は撮影現場でのある出来事に触れた。

 それによると、早朝におこなわれたドラマの撮影の最中、吉岡の鼻水が止まらなくなったことがあったそう。吉岡本人は「すいません、朝、鼻うがいしちゃったんで」と謝罪していたといい、江口によると「本当に床にポタポタと落ちるくらいの鼻水」だったようで、周囲が困惑していたようだ。

 苦笑いを見せて聞いていた吉岡は「鼻うがいがすごく好きで」と言い、「鼻うがいって風邪予防とかにもなって、健康管理法で私すごく気に入っている」と続け、実際に風邪を長く引いておらず、鼻うがいが「効く」と感じているようだ。

 鼻うがいをするのは「夜と、江口さんと共演させていただいてた時代は朝もやっていて」と吉岡。「鼻うがいって、どこかに水が溜まっちゃうんだと思うんですね」とし、自身の目の下あたりに指を向けながら説明する。

 MCのくりぃむしちゅー上田晋也は半信半疑の表情を見せ、吉岡は「やり方が下手なのかもしれないですけど」とした上で、「なんとかなんとかで、すごいシリアスなシーンで、『あなたが犯人ですね』タ~~~みたいな」と芝居中に鼻水が垂れてしまったことに言及すると、スタジオが爆笑に包まれた。

 挨拶の際のお辞儀など前かがみの体勢をとると垂れてしまうこともあるという吉岡はさらに、「一回、危なかったなと思ったのが…」として始球式の仕事での出来事も明かした。

 始球式に臨む前、楽屋でアップしている時に「鼻からドバドバドバドバって鼻うがいの水が出てきて…」とその際の様子を説明する吉岡。「これ本番でやってたら私どうなってたんだろう…衝撃映像みたいになってたんだろうなって思って、すごいヒヤッとしました」と危機一髪の経験をしたようで、現在では朝の鼻うがいはやめたようだった。

Photos

none...

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)