草なぎ剛が出演する王製紙『「アテント」かくさないパッケージ』のTVCM新バージョン

 草なぎ剛が出演する、大王製紙『「アテント」かくさないパッケージ』のTVCM新バージョン6本が制作された。

 『アテント』は2020年から『#常識をはきかえよう』というテーマで呼び掛け、声を集めながら「介護の社会化」を目指すキャンペーンを展開。その中で、店頭で購入するときや持ち帰るときに恥ずかしくないように「紙パンツのパッケージを、もっとおしゃれにしてほしい」という意見が多く寄せられ、買いやすく、堂々と持ち歩けるパッケージデザインをつくるプロジェクトを今年6月にスタート。

 このプロジェクト内で集まった意見をもとに試行錯誤し、ブランドとしての意志も込めてデザインを完成させた。販売方法は抽選で1000個限定発売となる。21日からはアテント応援隊長の草なぎ剛が「アテント」かくさないパッケージを紹介するCMを含む、全6篇の新TVCMも同時公開されている。

アテント応援隊長・草なぎ剛:コメント

 初めて見た時、すごくおしゃれで、全然紙パンツのパッケージではない印象でした。撮影の時に手に持ってみたのですが、これならおしゃれな気持ちで、楽しく持ち歩けそうだなと思いました。

 アテントのCMも2年目に突入し、いろいろな反響もあると聞いています。ぜひ、介護についてもっとオープンにみんなで考えるようになるといいですね。何かを変えるってとても勇気がいること。でも、誰もがいつか頼らなきゃいけなくなるものだから、ちょっとでも、後押しできたらいいなと思っています。自然な形で優しく、和らげられたらなあって。紙パンツは実際にはいてみて楽だし、本当にパンツみたいだし、どっかに行く時に便利だし。恥ずかしくてはかないで、新しい世界を見れないのはもったいないなぁと思います。

 パンツのイメージが変わって、今悩んでいる人に一歩ふみ出してもらえたらうれしい。オムツじゃなくて、パンツだよって。そこを応援するのが、僕の仕事かなあ。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)