吉岡里帆

 吉岡里帆が2日、自身のインスタグラムを更新。ドレス姿で体を反る姿を公開。弧を描く美しい反りにフォロワーから「アーティスティック」との声が寄せられ、反響だ。

 【写真】「凄まじい角度」吉岡里帆の妖艶な反り

 吉岡は「いや、確実に筋肉痛の治りが遅くなっている!」と綴り、1枚の写真を投稿した。朝焼けあるいは夕暮れ時に撮ったものとみられる写真は、オレンジのドレス姿の吉岡をとらえている。

 目を閉じる吉岡は腰に手を当て体を後ろに反っている。弓のように反った体、そして光と影が作るコントラストは妖艶でいてアートのように美しい。フォロワーからは「アーティスティック」との声が寄せられている。

 その一方で、反り具合に「柔らかすぎる」「凄まじい角度」「どうなってるん」「美しい反り」「凄い反り」と驚きの声も挙がっている。

 投稿から30分もたたずに「いいね!」の数は2万2千件を超えている。

 そんな吉岡は、透明感のある姿が度々話題になっているが、撮影について過去に雑誌のインタビューで「撮影中はできる限り自己ベストを出したいので“ジブンとの戦い”ですよ」とも語っている。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)