結婚することを発表した林遣都と大島優子

 林遣都と大島優子が29日、双方の公式サイトで「結婚する運びとなりました」と結婚することを正式発表した。

 【写真】直近の映画や音楽イベントでの林、大島それぞれの様子

 林は「今後はより一層責任と覚悟を持ち、何事にも真摯に向き合い日々精進して参ります。どうか温かく見守っていただけたら幸いです」、大島は「これからも豊かになる時間を届けられるように精進していきたいと思いますので、変わらぬ応援をよろしくお願いいたします」と伝えた。

 結婚をめぐっては、一部スポーツ紙が29日朝に報じた。それによれば、NHK連続テレビ小説『スカーレット』での共演がきっかけで急接近。交際期間は約1年という。

 林は、ドラマ『おっさんずラブ』、映画『私をくいとめて』などで存在感を発揮。現在公開中の映画『犬部!』では主演を務め、動物保護に奮闘する主人公を好演。一方の大島はAKB48では絶大な人気を誇り卒業後は女優に転身。ドラマ『東京タラレバ娘』や『ネメシス』など話題作への出演が続き、8月13日には出演映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』の公開も控える。

 2人とも結婚を報告する書面には、「15歳で俳優というお仕事に出会い、気付けば人生の半分を俳優として過ごしてきました。デビュー当時から応援してくださっている方々、何かの作品をきっかけに僕を知り興味を持ってくださった方々、いつも皆様の存在が支えとなり、届けてくださる温かい言葉を糧に、一歩一歩歩んでくることができました。本当に感謝しています」(林)

 「この仕事を始めてから25年、多くの方に支えていただき、皆様の声を励みに、人生の大半を仕事と過ごしてきました。今日この日までも、温かく見守ってくださっていること、心から感謝しています。ありがとうございます」(大島)とそれぞれファンへの感謝の思いも添えている。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)