『メゾンメルカリ・屋上での出会い』篇で共演したタモリ、草なぎ剛

 草なぎ剛が、9日放送開始のメルカリ新TVCM『メゾンメルカリ・屋上での出会い』篇で、タモリとCM初共演を果たす。タモリとは久しぶりの再会で、演技の現場はドラマ共演以来約24年ぶり。草なぎは「すごく緊張しました」と笑顔で撮影を振り返った。

 新たなモノが必要にもなる新生活。CMでは「誰かにとって不要なモノが必要な誰かに受け継がれていく、モノを無駄にしないという『メルカリ』」の特徴を描いた。

 メゾンメルカリの屋上で、草なぎ演じる新住人に住心地を尋ねる管理人役のタモリ。「ここ、妙にメルカリを推してくる人が多くて…」と戸惑った様子の草なぎは「メルカリって人から人へモノをつないでいく、モノを無駄にしない暮らしが出来る」

 真剣に考え込む草なぎを見て“タモ猫”が「大げさじゃない?」といきなり声をかける。初めて見る、しゃべる猫に驚く草なぎに構わず、タモリは何事もなかったかのようにタモ猫を抱き上げて「たしかに、大げさかもね」と語る。その様子に驚きながらも草なぎは「メルカリ」を学びたい意向を明かす。

 タモ猫を愛おしそうに見つめるタモリが「メルカリ」という言葉で締める。

 2人が演技で共演するのは、1997年10月16日放送のフジテレビ系『世にも奇妙な物語 秋の特別編』での『無実の男』以来約24年ぶり。バラエティ番組を含めると、2016年12月19日放送の同局『SMAP×SMAP』内での『ビストロMAP』にタモリがゲスト出演して以来となる。

 現在放送中のCMにも登場しているが、2人が同じ画面に収まるシーンはなかった。

撮影エピソード

 撮影には、「わたくし、本日は緊張しております…」とつぶやき、ソワソワした様子でスタジオ入りした草なぎ。タモリとの久しぶりの再会、演技の現場はドラマ共演以来24年ぶりともあって夜は眠れなかったようす。

 草なぎに会ったタモリは「久しぶり」と、笑顔で小さく声をかけ、お互いに緊張した面持ちで静かに撮影が始まった。

 一方、「ようやく会えましたね」「新しく越してきた?」「初めて会う気がしませんね」とセリフを掛け合うシーンの撮影では、目が合うことに照れたのか、カット後に2人で吹き出してしまう場面も。撮影の進行とともにお互いの緊張がほぐれていったようで、休憩中には談笑する2人の姿があった。

 撮影後のインタビューで、草なぎは「すごく緊張しました」と話し、少しホッとした様子。

 新生活の思い出に話題が及ぶと「20歳の頃、初めての一人暮らしを始めるときに、タモリさんから絨毯をいただきました」と話し始めるや、タモリから車を借りたエピソードなども。「タモリさんがいなかったら、一人暮らしができなかったですね」と、新生活にまつわるタモリさんとの思い出を語った。

 さらに、今回のCMにちなみ、誰かに「引き継ぎたいモノ」を質問すると、「革ジャンですね。メルカリに出しちゃおうかなと思っています」と明かした。

 また、撮影を終えたタモリにも、誰かに「引き継ぎたいモノ」を質問すると「レコードがかなりあるんです」。まとめて引き取ってもらえないかと知り合いに相談しても「実は俺も困ってるんだよ」と言われてしまったようで、大好きな「レコード」の引き取り手に困っている様子だった。

 最後はメルカリのCMについて、タモリに感想を聞くと「自由に、自然体でやらせてくれるCMです。仕上がりも面白いものになっていると思うので、CMそのものも楽しみにみていただきたいです」

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)