吉沢亮

 俳優の吉沢亮が22日、オンライン上で行われた『キリン 生茶 事業戦略&新CM発表会』に出席した。

 「キリン 生茶」「キリン 生茶 ほうじ煎茶」から再生ペット樹脂を100%使用した「R100 ペットボトル」採用商品とラベルレス商品が新発売される。

 「生茶」の環境への取り組みがテーマになっている新CMに出演する吉沢亮は、撮影を振り返り「生茶のCMはもともとセリフは少ないですが、今回は特にセリフがないお芝居のなかで表情で雰囲気を伝えていく撮影でした。出来上がりを見て自然な感じで素敵だなと思いました」

 撮影は長回しでおこなわれたという。「その中で良い所を切り撮って頂きました。美味しい笑顔を無理に作ることではなく、ナチュラルに演じさせて頂きました」

 この日は、リサイクルの実態やキリン独自で調査した生活者調査の結果を元にした「リサイクルペットボトルクイズ」を実施。その参加を記念して、普段から生茶を毎日飲んでいるという吉沢に、1年分のリサイクルペットボトルを使用した生茶1年分がプレゼントされた。

 「嬉しい!すごい」と笑顔を見せる吉沢は「友人にも配って取り組みを広めていきたい」と意気込んだ。

提供写真

吉沢亮

 現在放送中のNHK大河ドラマ『青天を衝け』で主人公の渋沢栄一を演じているなど、多忙の日々が続く吉沢だが、お茶は「疲れた心を癒してくれる。気持ちをリフレッシュしてくれます。現場が立て続けにあり、詰まっている時に飲みたいです」。

 そのお茶が気持ちを切り替える「スイッチ」になっているそうで、「一息つきたい時に飲んでいます」と明かした。

Photos
提供写真
提供写真
提供写真
提供写真
提供写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)