柴咲コウ

 女優の柴咲コウ(39)が主演を務める日本テレビ系ドラマ『35歳の少女』の公式インスタグラムが4日更新され、制服を着た柴咲のプリクラを公開。「違和感ない!」などと話題を呼んだ。

 【写真】「違和感ない」と話題のプリクラに写る制服姿の柴咲コウ

 ドラマ「35歳の少女」は、不慮の事故で長い眠りについた柴咲扮する少女・今村望美が、25年後の2020年に目覚め、変貌した世界のなかで成長していくストーリーを描いた作品だ。

 ドラマの公式インスタグラムでは日頃から出演者らのオフショットなどを投稿。視聴者らを楽しませているが、4日には「のぞみん、初めての…!?」と切り出し、印象的な一枚の画像をアップ。

 続けて「プリクラ大公開 制服でプリクラ…青春だー」と、柴咲扮する“のぞみん”が制服姿で笑顔を見せたプリクラ画像を紹介した。

 さらに、「#プリント倶楽部の誕生は25年前なんだって」「#望美が眠ってしまった1995年」「#ぴえん」などのハッシュタグも。画像には「のぞみん だいすき」「ぴえん」「シャキーン」「変顔」などの文字が書かれている。

 柴咲扮する望美が長い眠りにつくことになった1995年はプリクラが登場した年。コメント欄には「スゲー 違和感ない!」「違和感なさすぎてどれがのぞみんかわからなかった」「このプリクラほしいなぁ。視聴者プレゼントにして」「のぞみんのぴえんポーズが昭和で可愛いです」などと反響が挙がった。

 さらにネット上にも話題は広がり、ツイッターには「プリクラで中学生になじみすぎ柴咲コウ」「コウさん…ほんと…JC…」などの声が見られ、柴咲の“中学生らしい”姿に感嘆のコメントを寄せている。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)