俳優の寺脇康文が、17日放送のフジテレビ系『VS嵐』に出演。嵐・二宮和也を「いたずらっ子」と話し、そのエピソードを紹介した。

 この日の放送では、同局系で9月22日から放送される連続ドラマ『DIVER-特殊潜入班-』の出演者がゲスト出演し、嵐のメンバーらと様々なアトラクションに挑戦した。

 同ドラマに出演している寺脇。番組では寺脇が二宮に「言いたいこと」があるとし、寺脇は「ニノね、本当に悪い奴なんですよ、こいつは。いたずらっ子」と二宮について言及した。

 先輩である俳優の高橋克実の誕生日でのこと。「ニノもいて、俺もいて、克実さんも機嫌よく飲んじゃって」と楽しい時間を過ごしていたところ、2軒目に行くと高橋が寝てしまったという。

 すると、「寝てる克実さんのまぶたをニノが開けちゃうんですよ」と寺脇。番組では眠っている高橋の目を二宮が強引に開ける様子がイラストで紹介され、寺脇は「克実さん、寝てるのに起きてるようになっちゃう」とし、二宮のいたずらっ子ぶりを明かした。

 このエピソードに「やってましたね、すげえその時、流行ってた、俺の中で」と応じた二宮。「起こそうと思って目を開けるんだけど、起きた時に『痛い痛い痛い痛い―』ってなるから、楽しくなっちゃって」とイタズラの意図を説明し、スタジオを爆笑させていた。

Photos

none...

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)