「ミュゼプラチナム」CM「展開篇」。涙の演技に初挑戦する宇垣美里

 フリーアナウンサーでタレントの宇垣美里(29)が出演する、美容脱毛サロン『ミュゼプラチナム』の新CM「登場篇」と「展開篇」が5月3日から全国放送が始まった。この中で宇垣は女性の悩める日常を熱演、“涙の演技”にも初挑戦した。「いろいろな表情を短時間で演じるのは新鮮でしたが、楽しませていただきました」と振り返った。

 【写真】CMでは美脚も披露している宇垣美里(19枚)

 新CMのコンセプト「いろいろあるけど、ミュゼがいる。」を体現するため、新たなブランドミューズとして、フリーアナウンサーでタレント、モデルとしても活躍する宇垣美里が起用された。

 新CMで宇垣は、仕事やプライベートに悩む、等身大の女性像を演じている。仕事で上司と馬が合わずに悩んだり、友達との関係に悩んだり、日常に溢れている些細なことに悩みながら奮闘する様子を熱演した。

 愛猫に癒やされて笑顔がほどける表情など、普段見ることのできない様々な宇垣を見ることができるほか、今回は“涙の演技”に初挑戦。初めてとは思えない、“ナチュラルな涙”を見せている。

 CMソングには、恋する女子の代弁者として、10代〜20代の女性から圧倒的支持を得ているシンガーソングライター、コレサワの「ご褒美みたいな日」を使用。宇垣演じる女性と、心に響く歌詞がCMの世界をより印象的にしている。

猫との共演に癒し

 「登場篇」では、疲れた表情で帰宅した宇垣が、思わず玄関先で愛猫に癒やしを求めるところから始まる。上司と馬が合わずに少し言い合いになってしまった今日1日を振り返るが途中で「やめやめ!」と自身で気持ちを切り替える。お風呂上がり、ミュゼで整えた肌に励まされ「今日もかわいいね〜」と愛猫に癒やされ思わず笑顔に。

 「展開篇」Cでは、部屋で落ち込み、思わずやけ食いをする。友達との喧嘩を思い出してはまた落ち込み、手にとったナッツの袋を開けると勢い余ってナッツが弾け飛ぶ。「なんで…」と更に落ち込むが、洗顔をして気持ちを切り替え、友達に電話をかける。ミュゼでキレイになった肌をちょっとした勇気に「ごめんね」と謝り、笑顔を取り戻す。

 それぞれ、女性の悩みにはいつもミュゼプラチナムが寄り添ってくれる、というメッセージを伝えている。

 撮影では、上司や友人から怒られたり、突き放されたり、悩みを抱えながらも前を向いて頑張っていく女性の姿を演じ切った宇垣。撮影は怒られるシーンが多く、猫との共演は本当に癒されているようだった。

宇垣美里コメント

 今回のCMは「いろいろあるけど、ミュゼがいる。」というのがテーマということで、上司に怒鳴られてしまったり、友人と意見が合わずモヤモヤしたり…普段の生活のなかでもあるのではないかな? というちょっと気持ちが落ち込んでしまうようなシーンを演じさせていただきました。

 こんなにいろいろな表情を短時間で演じるのは新鮮でしたが、楽しませていただきました。ナッツの袋を開けると中身が飛び散るシーンは、実際に飛び散るように仕掛けがあって本当に怖かったです。笑

 私は、普段悩むことがあると、お風呂に入ってリフレッシュしています。30分から1時間くらい、ぼーっとお風呂に浸かっていると嫌なことも忘れられる気がします。

 みなさんも日々いろいろあると思いますが、お肌の調子が良かったり、お気に入りの入浴剤でゆっくりお風呂に入ったり、ちょっとしたことで気分は上向きにできたりするんじゃないかなって思います。可愛い猫のまんちよちゃんとのサービスショット?! もあるので是非見てみてください。

メイキング

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)