L’Arc〜en〜CielのリーダーでベーシストのTETSUYAが7月18日に、自身初となるEP作品「I WANNA BE WITH YOU」をリリース。表題曲はTBS系アニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』のエンディング主題歌。夏をコンセプトにした今作、新曲4曲に加え、2001年にリリースしたソロデビューシングルから「wonderful world」をアコースティックアレンジでボーナストラックとして収録。ミュージッククリップはパラレルワールドをコンセプトに、「I WANNA BE WITH YOU」と「READY FOR WARP」がリンクし、ループするという仕上がりとなっている。TETSUYAの歌詞へのこだわりなどを聞いた。【取材=村上順一/撮影=冨田味我】

「I WANNA BE WITH YOU」はパンクのイメージ

TETSUYA(撮影=冨田味我)

――約1年振りとなる新曲「I WANNA BE WITH YOU」はTBS系アニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』のED主題歌ですが、作品を観られてから書き下ろされたのでしょうか。

 現在、アルバム2枚分ほどのストック曲があるんですけど、今回はその中からスタッフにアニメの世界観に合いそうな曲をまず選んでもらって、そこからエントリーしてED主題歌に決定したという流れです。

――「I WANNA BE WITH YOU」はTETSUYAさんの様々な楽曲の中でどのような立ち位置に仕上がったと思いますか。

 またひとつライヴ盛り上がる曲が増えたなと思います。

――前作の「愛されんだぁ I Surrender」ではグラムロックスタイルの楽曲でしたが、今作はご自身の中でのイメージはどのようなものでしょうか。

前作はそういうオーダーがあったからですが、今回の「I WANNA BE WITH YOU」はアメリカのパンクバンドっぽいイメージです。

――<I wanna be with you always 終わりのない あの夏の風が吹き抜けて行く>と爽やかな歌詞が印象的です。今作は詞と曲、どちらが先でしょうか。

 曲が先です。タイミング的にはライヴで先に披露するなど、そういった特別なことがない限り、ヴォーカルレコーディングの直前に歌詞は書きます。

――「I WANNA BE WITH YOU」と「READY FOR WARP」はMusic Clipも撮影されています。パラレルワールドがテーマとなっているとのことですが、このアイデアはTETSUYAさんが?

 監督と打ち合わせをしているなかで、僕から出てきたフラッシュアイデアでした。

――今回の監督さんはL'Arc〜en〜Cielの「Link」の時と同じ野田 智雄さんなんですよね。

 はい。他にも「New World」や「自由への招待」などを撮影してもらっています。

――ジャケットにも起用されていますが、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に登場するデロリアンのDMC-12も印象的でした。もしかしてあれはTETSUYAさんの私物ですか。

 いえ、撮影用にお借りしたものです。今回、デロリアンがあって本当に良かったなと思いました。やはり画としてインパクトがあるし今回の世界観が際立ちましたから。

――確かに目を奪われました。Music Clipではギターを演奏するシーンもありますが、Van Halen(米・ロックバンド)のギタリストであるエディ・ヴァンヘイレンの「フランケン」を使用されているのもインパクトがありました。

 あれは監督から楽器を弾くシーンが欲しいとリクエストされて弾きました。あのギターは8年前にリリースされたシングル「LOOKING FOR LIGHT」のMusic Clipでも使用していたものなんですよ。2回目の登場です。

――この撮影でのエピソードはありますか。

 やはり1日で2曲分を撮らなければいけなかったので大変でした。その日の朝から翌日の朝までずっと撮ってましたから…。

――数々のMusic Clip撮影のなかでも撮影時間は長かったほうですか。

 1曲でもこれくらい掛かることもありますね。

――TETSUYAさんから見たMusic Clipの見所、ポイントはどこにありますか。

 このMusic Clipは「I WANNA BE WITH YOU」と「READY FOR WARP」でループしているので、続けて観て頂くと永遠と見ていられるような感覚になれると思います。

記事タグ