歌手で女優の知英と俳優の竹中直人が4日、都内でおこなわれた、映画『レオン』のブルーレイ&DVDの発売を記念した七夕イベントに登場。竹中は、知英の女優としての素質を「とても勢いとエネルギーを持っている。無限の可能性を感じました」と讃えた。

知英(撮影=桂 伸也)

 映画『レオン』は、大倉かおり、清智英の人気コミックを原作として実写化したもの。クビになった一人の派遣社員と、女好きなワンマン社長の心が、ある日突然入れ替わったことから巻き起こる騒動を描いたコメディー。『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』『非女子図鑑』などの塚本連平監督がメガホンをとり、派遣社員役を知英、社長役を竹中直人が務めた。

 今回、知英との共演で長い時間を共にした竹中は「知英は普通に喋っていても日本語が通じるし、それに驚いた上に、振り切り方というか。お芝居の乗り方、リズムの良さにすごく圧倒された。知英との撮影の時は(季節柄)寒かったけど、楽しかったのが心に残っています」と撮影を振り返る。

 さらに「基本的に感情が解放できるというか、照れない。とても勢いとエネルギーを持っているので、これからもっと色んな役ができていくんだろうと、無限の可能性を感じました」と知英の役者としての素質を絶賛。

 その言葉に知英は、嬉しそうな表情を見せるとともに「この間言われていましたけど、竹中さんが映画を撮られる時には、私も呼んでくださいね」と突然竹中に手をつなぎはじめアピール。竹中も「是非是非!」とうなずいていた。

知英と竹中直人(撮影=桂 伸也)

 この日は映画にちなみ、知英と竹中が入れ替わり、七夕の短冊にて「元に戻れますように」という願いを入れ祈ることで、元に戻るという設定で登場した二人。竹中は女々しく、知英は男っぽくという様子で会場に現れたが、司会者が二人の着ていたTシャツがそれぞれ入れ替わっているところを「逆なんじゃないですか?」と指摘すると、竹中が「逆なんじゃないですか、ってあなた! 台本を見ながらそんなことを! 見ればわかるじゃない!」などと突っ込み返し、笑いを誘う。

 さらに竹中は、プレス席の最前列にいた記者が着ていた映画『スカーフェイス』のイメージをあしらったTシャツがどうにも気になって「そのTシャツ、どこで仕入れたんですか? それいいっすよね? そのTシャツいいな。僕も欲しい!」としつこくたずねるなど、やりたい放題。知英はそんな竹中の有様に笑いが止まらない様子。

 一方、知英は「(劇中の役として)入れ替わった後はしばらく寝ている格好で、その間は全然笑わなかったんですけど、竹中さんが出た瞬間におなかが痛くなるくらいゲラゲラ笑っていました」と笑いの止まらなかった映画の思い出のシーンなど、現場の様子を振り返りながら「竹中さんとお話した時に聞いたんですが、意外にも入れ替わりモノは初めてだ、と。だからそこで演じられている弱々しい、可愛い竹中さんを是非見て欲しい」と映画の見所をアピールしていた。【取材・撮影=桂 伸也】