TWICEが9月12日に、JAPANファーストアルバム『BDZ』(よみ:ビー・ディー・ゼット)をリリースする。『BDZ』は「ブルドーザー」の略で、目の前の大きな壁をもろともせずに、ブルドーザーのように壊しながら、前へ前へと進んでいこうという思いを込めた。リード曲はタイトルと同じ「BDZ」で彼女たちのプロデューサーでもあるJ.Y. Park氏が手掛ける一曲。

 日本デビューから1年。まだまだ追い続ける自分たちの夢に向かって、これまでたくさんの歌とダンスを届けてきたTWICE。輝かしい栄誉もたくさん得ることができた彼女たちの新たなるスタートをきる作品。

 『BDZ』は「ブルドーザー」の略で、目の前の大きな壁をもろともせずに、ブルドーザーのように壊しながら、前へ前へと進んでいこう!そんな、強くありたい、たくましく生きたい、という気持ちを込めたタイトルになっている。

 収録曲はデビュー曲を含むシングル3曲(「One More Time」、「Candy Pop」、「Wake Me Up」)とカップリングでありながら楽曲とMVともにファンに好評だった「BRAND NEW GIRL」、そして映画「センセイ君主」(8月1日公開)の自身初主題歌として、The Jackson 5のカバーをした「I WANT YOU BACK」と新曲5曲を収録予定。

 今までシングルで表現した『TWICEらしさ』の他に新たな一面を魅せることができる楽曲に加え、リード曲はタイトルと同じ「BDZ」で彼女たちのプロデューサーでもあるJ.Y. Park氏が手掛ける一曲となっている。

 ブルドーザーという言葉は、「勢いがある」人を表す比喩でも使われることもあり、ちょっと、迫力のある強い人をイメージするが、TWICEのブルドーザーは、本来の「TWICEらしさ」を忘れず、『TWICE新たなスタートに向けて「強く」「前へ」突き進んでいく』という想いを込めた表現となっている。『BDZ』は本日から予約スタート。

 昨年6月28日にデビューし発売した最強ベストアルバム「#TWICE」は、販売枚数が33万枚を突破し、日本レコード協会のプラチナディスクに認定された他、オリコンデイリーランキング1位を獲得。日本1stシングル「One More Time」、日本2ndシングル「Candy Pop」も、オリコンウィークリーチャート1位を獲得し、双方共に20万枚(Candy Popは現在出荷枚数41万枚)を超えプラチナディスク認定、それが初の海外アーティストとしても注目を集めている中で、今年の2月27日に日本レコード協会から発表された日本ゴールドディスク大賞においても5冠を達成。海外アーティストとしての異例の記録を次々に作り出している中、また新たな記録として、5月16日に発売したJAPAN 3rdシングル「Wake Me Up」は、日本レコード協会のゴールドディスク認定において、累計正味出荷枚数が、50万枚を突破し、ダブル・プラチナの栄誉が刻まれた。また、海外女性アーティスト史上初のシングルでのダブル・プラチナ認定となった。

記事タグ