歌手で女優の板野友美(26)が、自身の写真集のデジタル版を発売することが決まった。その報告と合わせ、ピュアな雰囲気をかもし出す自身の妖艶ショットを公開し、ファンを喜ばせている。

 デジタル版がリリースされるのは、3rd写真の『release』と4th写真集の『Wanderer』の2冊。今年2月に発売された『Wanderer』は、「自分らしさ」というテーマを強く打ち出し、等身大の板野が活写されているとして反響を呼んだ。

 その板野は19日に自身のツイッターを更新し、デジタル版がリリースされることを告知。それに合わせて、自身の画像を3枚公開した。

 掲載された板野は、ピュアな表情が印象的。メイク室でヘアスタイルをキメている様子の板野の視線は鋭く、意思の強さを感じさせる。

 さらに、着ている服は肩口を露わにし、胸元には谷間がのぞく。ナチュラルな雰囲気をかもし出しながらも、セクシーな大人の魅力を発散させているのも印象的だ。

 このショットにファンからは好評の声が挙がり、板野のツイッターには「やっぱ、ともちん 可愛いです」「萌えー」「可愛いしセクシー」「お胸が早速目に焼き付いとります」などと喜びのコメントが寄せられている。

 その板野は先日、自身と久本雅美がダブル主演を務める映画『イマジネーションゲーム』が第21回上海国際映画祭の『2018上海・日本映画週間』でワールドプレミア上映されたことを報告。レッドカーペットを歩いたが、その際のドレス姿をインスタグラムで公開し、反響を集めている。