女性ファッション誌『ar』7月号(主婦と生活社)はセクシー特集。夏の切ない恋心を演じたら今イチバンと言える小松菜奈がカバーを飾っている。

 今回、注目してもらいたい点は、小松のカラダのあちこちに描いたタトゥーイラスト。うなじ、二の腕、触りたいのに届かない、撮影中にヘアメイクが描いた、ロマンティックな仕掛けだという。

 そんな小松は、恋をするとテンションがアガるから、周りにはすぐバレてしまうとか。「外見のタイプは、肌がキレイな人。そして実は大のヒゲ好き。ワイルドで男っぽい感じにドキっとするんですよね」とトキメキポイントを語ってる。

 いつも自立していて礼儀正しく、美しくスマート。隠し事無しのオープンな家庭で育ったそう。そんな小松家の家訓は『媚びない、逃げない、めげない、くじけない、決してあきらめない』。相手に自然と気を遣える真っ直ぐな小松の今が納得だ。