文化放送『レコメン!』による「女性アイドル顔だけ総選挙」の結果が13日、発表された。上位5位までを乃木坂46メンバーが独占する中、6位にNMB48太田夢莉が入り、AKB48グループでのトップを飾った。

 「女性アイドル顔だけ総選挙」は毎年恒例の企画。「顔だけで選ぶなら一番好きな女性アイドルは誰?」とのテーマを設定し、リスナー投票を募るもので、13日の放送回で今年の結果が発表された。

 それによると、1位~5位を乃木坂46メンバーが独占。1位は白石麻衣、2位は佐々木琴子、3位は堀未央奈、4位は齋藤飛鳥、そして5位は鈴木絢音となっている。

 白石は昨年に続いての連覇を達成し、昨年3位に躍進して話題をさらった佐々木は2位に順位を上げた。堀も9位から3位に上昇するなど、乃木坂46の勢いを感じさせる結果となり、20位までに11名が入っている。

 昨年以前の第4回まではすべてAKB48グループが1位に輝き、第1回は渡辺麻友(AKB48)、第2回は島崎遥香(AKB48)、第3回は松井珠理奈(SKE48)、第4回は再び渡辺が1位だった。

 乃木坂46の大躍進となった今回の“顔だけ”総選挙。AKB48グループで最上位となる6位に入ったのはNMB48の太田だ。16日にナゴヤドームで開催される『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙』に立候補し、速報発表では8746票で32位。ところが、“顔だけ”ではグループトップという結果を出した。

 この結果を受けて自身のツイッターを更新した太田は「ひぇ~ 2412票…」と驚きの声を挙げ、「何処の何方が投票してくださったのでしょう…ありがとうございます」と投票してくれた人に感謝をコメント。

 これにはファンからも「世間に見つかってしまった」「48グループで一位 おめでとう」「坂道と戦える筆頭が太田夢莉であることがわかった訳だが」「NMBの誇り」などと喜びの声が挙がり、「総選挙でも神7入るよう応援してるよー」と16日の開票へ向けてのエールも見られている。

 太田は2011年のNMB48第3期生オーディションに合格。AKB48選抜総選挙では、12年~15年は圏外だったが16年は52位、昨年は27位となりアンダーガールズに選出。今年1月に体調不良のため一時活動を休止したが、3月から活動を再開している。

 なお、「女性アイドル顔だけ総選挙」の順位は次の通り。