俳優で歌手の及川光博(48)が12日、都内でおこなわれた、映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』ジャパンプレミア・イベントに、本作品でメガホンをとったロン・ハワード監督(64)、主役のハン・ソロを演じたオールデン・エアエンライク(28)とともに登場、及川がエアエンライクに出演の感想をたずね、その答えにうらやむ場面があった。またこの日は、ハン・ソロの親友であるチューバッカ(190)と、お笑いコンビ・ミキの昴生(32)亜生(29)、日本人宇宙飛行士・野口聡一さんもゲストとして登場した。

野口聡一さん、及川光博、ハワード監督、オールデン、ミキ

 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は、『スターウォーズ』シリーズの最新作。シリーズのメインキャラクターの一人、ハン・ソロの知られざる過去を描いた。『エピソード4/新たなる希望』で無二の相棒・チューバッカと共に初めて登場する前や、ルークやレイアと出会う前の経緯を描く。また日本語吹き替え版には及川とミキの亜生がカメオ出演を果たしている。

 「『スター・ウォーズ 帝国の逆襲』好きにはたまらない! そんなシーンがいくつもあって、目が足らないという感じ」と、本作を試写した感想を興奮気味に語る及川は、ハワード監督とエアエンライクに対して二つの質問を投げかける。

 一つ目として「どうしてもオールデンさんに聞きたい! ミレニアム・ファルコン(ハン・ソロの愛機)のコクピットに最初に座ったときの気持ちは?」とたずねると、エアエンライクは「最高の気分だった。とてもワクワクしたし、とにかく素晴らしい宇宙船なので、あのシーンを撮影したときはとても楽しかった」と回想、及川は「でしょうね、新品ですし…」と、とてもうらやましそうな声を上げ、会場を沸かせる。

チューバッカとミキ

 また2人に『スター・ウォーズ』全シリーズの中で、ハン・ソロを除いて大好きなキャラは? とたずねると、2人とも『スター・ウォーズ 帝国の逆襲』に登場したヨーダとコメント。及川は「いやもう、胸がいっぱいです」と大喜び。さらにハワード監督は「それとチューバッカ!」と付け加え、ステージ上のチューバッカを喜ばせていた。

 カメオ出演を果たせなかった昴生を尻目に、亜生は「僕はお兄ちゃんと2人で出たいと言ったところ、スター・ウォーズさん側から『彼の声はスター・ウォーズの世界観を崩す』ということでなくなりました」とその経緯を告白しながらネタを披露するが、見事に滑ってしまい昴生が「何してんねん! 怒られるで…」とツッコミ。そして亜生は「お笑いのダークサイドです!」とオチを付け加え、笑いを誘った。

 また及川に負けず40年以上『スター・ウォーズ』ファンだという野口聡一さんは「『スター・ウォーズ』に憧れてこの世界に入った私としては、ロン監督、オールデンさん、そしてチューバッカと一緒にこの新作のオープニングを楽しめることを本当に嬉しく思います」とその喜びを語りながら、来年また宇宙に飛び立つことを明かしつつ「宇宙でも大事なことは、“信頼できるバディをしっかり作ること”。その意味では今回の映画の中で、ハン・ソロとチューバッカという信頼できるバディが、いかにして作られたのかをちゃんと見て来年の私の、ミッションの参考にしたい」と語っていた。【取材・撮影=桂 伸也】