俳優の綾野剛が主演を務める映画『パンク侍、斬られて候』の完成披露舞台挨拶イベントが11日、都内でおこなわれ、映画に出演した俳優の浅野忠信、豊川悦司とメガホンをとった石井岳龍監督らが登壇、映画の撮影を通して“誰が一番パンクだったか”という議論を登壇者一同で展開した。この日はほかの綾野、北川景子、東出昌大、染谷将太、國村隼、若葉竜也、近藤公園と、脚本を担当した宮藤官九郎も登壇した。

浅野忠信

 映画『パンク侍、斬られて候』は、芥川賞作家の町田康による江戸時代が舞台の人気小説を原作として実写化した映画作品。規格外の能力を持つ一方で、いいかげんな性格の侍・掛十之進が、自らがまいた種で起こる騒動に振り回されるさまを描く。

 この日は登壇前に、出演者及びキャストに対し『パンク侍、斬られて候』というタイトルにちなみ、事前アンケートを実施。「キャスト、スタッフの中で、一番パンクな人は?」という質問を上げたところ、8割が石井監督であるとコメント。東出は「脚本を読んだときに、宮藤さんはすごいと思ったと同時に“ぶっとんだ映画になる”と思ったんです。でも“ぶっ飛んだを越えて爆発していましたね。スタイルはすごくスマートでダンディな方なんですけど、“あっち側の方なのかな”と」と、完成した作品に対して感じた強いパンク精神を告白。

 染谷も「誰よりも腰が低くて、誰よりも丁寧なんですけど、誰よりもヤバイと思います。丁寧なままヤバイことを言うんです」と演出のコミュニケーションに衝撃を感じ取ったことを明かす。するとそれを裏付けるように綾野が「初日に、石井監督が『剛くん、今回は宇宙と戦ってほしいい』と真顔で言われた」と衝撃のやり取りの模様を激白。

豊川悦司

 さらに「なので『あ、わかりました。ちなみに北川さんがインされたときに、同じ演出だけはやめてもらって良いですか?初めてだとビックリしちゃうんで』と返した」と語る。しかし北川は「結局言われた気がします」と付け加え、笑いを誘う。さらに「本当に“マズい”セットがあるので、状況も結構マズいんです。これで言われると、“あ、そうですね”と思います」と超個性的な現場の様子を振り返る。

 そんな告白話を聞き石井監督は「真剣にやってるだけなので、それがヤバイかどうかというのは、自分ではわからない。とにかく面白い映画にすることを考えたので。でも本当にヤバイと思っていないですね。もうちょっと普通じゃなくしたほうがいいんじゃないかなと」と弁解、やっぱり“ヤバイ人”と認識され、さらに笑いを誘っていた。

 一方、“ヤバイ人”候補としては、浅野の名前も挙がっていたことが明かされる。宮藤は「だって(最初から最後まで)セリフがない役なのに、セリフ以外のことをべらべら喋って…すごいですよ、本当に自由」とその破天荒な演技ぶりを明かす。そしてまたも綾野は付け加えて「浅野さん、本番が始まったときに僕のことを“剛くん!”って言いましたよね? もう無理だと思って、最高に笑った。その横で染谷くんが冷静な顔してセリフを喋ってて」などと回想、笑いが止まらない。

綾野剛

 それらの言葉に浅野は「それこそ監督と若い頃に、監督のそばで鍛えさせてもらってて、“宇宙とと戦う”ということはどういうことなのか、自分なりには理解していたつもりだったので、これはもう行かなければいけないんだと。だからあの役が僕に来たときに“あ、これは監督、行けってことですよね?”と思って。ただ“簡単には行けないと思うので、セリフがないほうがいいと思います”って電話で話して。まあこの役柄が本当にそういう役柄でしたからね」とこの特徴のあるキャラクターが決まった経緯をしみじみ語ると、綾野から「でも、平常運転といえば平常運転でしたよね、浅野さんの」とさらに突っ込みを受けていた。

 また綾野は「今回はいろんな人のパンクを受け止めました」と語りながら「豊川さんが、また違うパンクで…」と豊川をイジリ始める。さらにそんな中、この日はこの映画を「一言で言ったら?」とお題が出演者それぞれ渡され、各人の映画のイメージをコメント。浅野は「ストレート」としたためるとともに「映画を見終わって、それぞれのキャラクターがみんなすごくストレートに振る舞っているなと思ったんです。ただ豊川さんだけがストレートじゃなかったなと。みんなそれぞれ好き勝手をやっているのに、そこで豊川さんが気になりましたね。この人が一番悪いんじゃないか? と。きっと豊川さんいなければ、僕のキャラは出て来なかった」とコメント、さらに爆笑を誘っていた。【取材・撮影=桂 伸也】

記事タグ