映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(6月29日公開)で主演のハン・ソロを務めた俳優のオールデン・エアエンライクと、メガホンをとったロン・ハワード監督が来日、11日には都内で来日記念会見がおこなわれた。ハワード監督は今回の映画制作に向けて、自身の敬愛する故・黒澤明さんのアドバイスを生かしたことを明かした。またこの日は、本作の日本語吹き替え版で声優としてカメオ出演を果たしている歌舞伎俳優の市川海老蔵も登場した。

ロン・ハワード監督と握手する市川海老蔵

 本作はハン・ソロを主人公として描いた『スター・ウォーズ』シリーズの最新作。『スター・ウォーズ』シリーズで宇宙を駆ける密輸業者から一転、ヒーローになった彼の、若き日の冒険を追う。

 「自分にとってクリエイティブで、そしてとてもワクワクする、そんなアドベンチャーだった」と今回の制作を振り返るハワード監督。今回の制作について「関わっているすべての人が(クリエイティブなワクワク感)をみなぎらせていることに感服した。皆が『スター・ウォーズ』に関われることに、情熱を感じている」と周囲の製作スタッフ一同に、大いに感銘を受けた様子。

 さらに「そして今まで成し遂げてきたことはもちろん、さらにスターウォーズ銀河でまだやれることがあると、模索している姿にも感動した。様々なもので掘り下げが続けられ、それが一つになって素晴らしい作品につながっている。監督として僕も参加して、学ぶことも大きかったし、監督として成長することが出来た。この年齢でそんなことが感じられるのはスリリングだし、感謝もしている」とこのシリーズのさらなる可能性を感じた思いと共に、自身の成長への実感を語った。

ロン・ハワード監督

 一方で、自身が映画監督として多大な影響を受けたという故・黒澤明さんについても言及。かつて映画『ウィロー』のプロモーションで来日した際に、ジョージ・ルーカス監督と3人でディナーを共にしたという貴重な経験をしたことを明かし、「黒澤監督の作品を敬愛している自分としてはまだ若く光栄だった」と振り返り、その時に映画作りに関することを話したことを「アメリカでもイギリスでも、映画を作ろうとする時の挑戦や、ワクワクする気持ちは変わらないということを感じたのを、覚えている」と、その時の思いと共に回想する。

 その時に黒澤さんからは、作品におけるリズムという視点で、環境や天気というものを味方につけること、シーンの移行というものが持つ力などといった、監督ならではのアドバイスを受けたことを回想。

 さらに「中でも忘れられないものが、今回の作品に生かされた。それは“3人”(監督に加え、2名のキーとなる人物)とコラボレーションしながら映画を作るのが好きである、ということ。それは問題があった時に3人が密になることで解決するということ」とその真意を明かし「複雑な挑戦がある中で、公開日までに仕上げるというプレッシャーも大きかったということに対し、脚本のカスダン親子、そしてプロデューサーチームに自分を加えた“3人”で対処することを考え、撮影を乗り越えた。これは今まででも役に立ったし、今回は本当に感謝している」と改めて黒澤さんのアドバイスに感服した様子を語った。

 また、かつてシリーズを手がけたルーカス監督が今回、初日に現場に現れたことを明かし「(コメントを)押し付けるようなことはしたくないと、黙っていたけど、要所で『ハン・ソロはこうはしないんじゃないかな』と言ってくれたり『ここではマントを肩に掛けるんじゃないか』みたいなのを自らやって見せたり。それをオールデンに演じてもらったら、まさにハン・ソロに見えた。その時以前フォードが『このキャラクターは、もちろん持てるものすべてをもってこれを演じたけど、(ハン・ソロは)僕が生み出したキャラクターじゃない、ジョージ・ルーカスが生み出したキャラだから』と言っていたことを思い出したんだ」とルーカス監督の大きな功績に、改めて感服の思いを言葉にしていた。【取材・撮影=桂 伸也】

記事タグ